この星の格闘技を追いかける

【ACB86】計量終了 ラソフが1度目はオーバーも、2度目でパスしバラエフとのフェザー級王座統一戦へ

4日(金・現地時間)、5日(土・現地時間)にロシアはモスクワのオリンピスキで開催されるACB86「Raisov vs Balaev」の計量が行われた。


フェザー級、フライ級、ライトヘビー級と3階級のタイトル戦や、ジョージ・カラキャニャンの初参戦など、見所の多いビッグショー。そのメインでフェザー級統一戦に臨む暫定王者ユーサップ・ラソフが一度目の計量でリミットを50グラムオーバーしたものの、2度目のトライでパス。正規王者マラット・バラエフと無事、タイトルを賭けて戦う権利を得た。

フライ級王者アスカル・アルカロフ、挑戦者ラスル・アルバスカノフとライトヘビー級王者バルタス・アグナエフ&チャレンジャーのドブレジャン・ヤギュシュムラドフも問題なく計量を終えている。

またフェザー級の好勝負2試合、アコップ・ステパーリャン×アルマン・オスパノフ、ジョージ・カラキャニャン×アレクセイ・パルブニコフ──の4名もしっかりと体重を合わせてきたが、ライト級でアンドレイ・コシュキンと対戦するラスル・ショフロフが、70.3キロ+500グラム・オーバー規定を950グラム上回り、キャッチウェイト戦で戦うこととなっている。

■ACB86 計量結果

<ACBフェザー級王座統一戦/5分5R>
[正規王者]マラット・バラエフ: 66.2キロ
[暫定王者] ユーサップ・ラソフ: 66.35キロ→66.3キロ

<ACBフライ級選手権試合/5分5R>
[王者]アスカル・アルカロフ: 57.1キロ
[挑戦者]ラスル・アルバスカノフ: 57.1キロ

<ACBライトヘビー級選手権試合/5分5R>
[王者]バルタス・アグナエフ:92.3 キロ
[挑戦者]ドブレジャン・ヤギュシュムラドフ: 93.3キロ

<ウェルター級/5分3R>
シロ・ホドリゲス: 77.5キロ
ベスラン・イサエフ: 77.55キロ

<72キロ契約/5分3R>
アリ・バゴフ: 72.0キロ
トニーニョ・フリア: 71.9キロ

<69キロ契約/5分3R>
ムラッド・マチエフ: 68.9キロ
ムハメド・ココフ: 68.75キロ

<フェザー級/5分3R>
アコップ・ステパーリャン: 66.3キロ
アルマン・オスパノフ: 65.65キロ

<ライト級/5分3R>
ラスル・ショフロフ: 71.75キロ
アンドレイ・コシュキン: 70.75キロ

<フェザー級/5分3R>
ジョージ・カラキャニャン: 66.3キロ
アレクセイ・パルプニコフ: 65.0キロ

<ウェルター級/5分3R>
ガジムラッド・ヒラマゴメドフ: 77.6キロ
シャラフ・デフラトムロドフ: 77.5キロ

<ライトヘビー級/5分3R>
ムスリム・マゴメドフ: 93.35キロ
アシルザン・バジジャウリ: 92.4キロ

<69キロ契約/5分3R>
デニス・シウバ: 68.9キロ
アブドゥルラフマン・テミロフ: 68.8キロ

<ライト級/5分3R>
ジニス・カナコフ: 70.8キロ
アブドゥルアジム・バデクシ: 70.5キロ

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

Grachan

ONE DAY