この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX27】計量終了 ゲイジー×ポイエーメイン大会。岡見×リマ以外もプレリミから好カード並ぶ

13日(金・現地時間)、14日(土・同)にアリゾナ州グレンデールのヒラ・リバー・アリーナで開催されるUFC on FOX29「Poirier vs Gaethje」の計量が行われた。


メインで対戦するダスティン・ポイエーとジャスティン・ゲイジー。「4度、ステート・ファイナルを戦ったアリゾナ、ホームに戻って皆の前でUFCのメインで戦えるなんて最高だ」とゲイジーが話せば、スケールに乗る時にブーイングを受けたポイエーは「ハイペースで、アクションの多い戦いになる。ショーを楽しんで欲しい」と語り、ブーイングを拍手に変えた。

メインカードではニュージランド在住のナイジェリアン、NLと中国でキャリアを重ね12連続KO勝ち中のイスラエル・アデサニャ、FS1プレリミからはUFC初勝利を目指すロシアのカンフー王ムスリム・サリコフ、フライ級タイトルコンテンダー対決=地元のジョン・モラガ×ウィルソン・ヘイスの生き残り合戦と注目ファイターも、問題なく計量をパスしている。

キャリア最終章に臨む岡見勇信はリミット丁度で、ディエゴ・リマと向き合い共にウェルター級を越えた肉体を披露した。

この岡見×リマ以外にもダナ・ホワイト・ルッキング・フォー・ア・ファイトで見いだされたローレン・ミューラーとダナ・ホワイト・チューズデー・ナイト・コンテンダー・シリーズ出身のシェイナ・ドブソンの女子フライ級戦、本計量で0.5ポンド・オーバーも2時間後の再計量でパスしたジルベウト・ドゥリーニョ、キャリア7勝0敗でロンドン五輪レスリング・カナダ代表のアージャン・ブララと、UFC以外なら1大会として成立するようなアーリー・プレリムから興味深いファイトが揃っている。

■ UFC FOX29計量結果

<ライト級/5分5R>
ジャスティン・ゲイジー: 156ポンド(70.76キロ)
ダスティン・ポイエー: 156ポンド(70.76キロ)

<ウェルター級/5分3R>
カーロス・コンディット: 171ポンド(77.56キロ)
アレックス・オリヴェイラ: 171ポンド(77.56キロ)

<ミドル級/5分3R>
イスラエル・アデサニャ: 184ポンド(83.46キロ)
マーヴィン・ヴェットーリ: 186ポンド(84.37キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ミッシェレ・ウォーターソン: 115ポンド(52.16キロ)
コートニー・ケイシー: 115ポンド(52.16キロ)

<ミドル級/5分3R>
アントニオ・カーロス・ジュニオール: 185ポンド(83.91キロ)
ティム・ボッシュ: 185ポンド(83.91キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ムスリム・サリコフ: 171ポンド(77.56キロ)
リッキー・レイニー: 170ポンド(77.11キロ)

<フライ級/5分3R>
ジョン・モラガ: 126ポンド(57.15キロ)
ウィルソン・ヘイス: 125ポンド(56.7キロ)

<ミドル級/5分3R>
クリシュトフ・ヨッコ: 185.5ポンド(84.14キロ)
ブラッド・タヴァレス: 186ポンド(84.37キロ)

<ライト級/5分3R>
ジルベウト・バーンズ: 156ポンド(70.76キロ)
ダン・モレット: 156ポンド(70.76キロ)

<女子フライ級/5分3R>
シェイナ・ドブソン: 126ポンド(57.15キロ)
ローレン・ミューラー: 126ポンド(57.15キロ)

<ウェルター級/5分3R>
岡見勇信: 170ポンド(77.11キロ)
ディエゴ・リマ: 171ポンド(77.56キロ)

<ヘビー級/5分3R>
アージャン・ブララ: 241ポンド(109.3キロ)
アダム・ビチョレク: 232ポンド(105.23キロ)

<バンタム級/5分3R>
アレハンドロ・ペレス: 136ポンド(61.69キロ)
マチュー・ロペス: 136ポンド(61.69キロ)

<バンタム級/5分3R>
ルーク・サンダース: 135ポンド(61.24キロ)
パトリック・ウィリアムス: 136ポンド(61.69キロ)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday