この星の格闘技を追いかける

【ONE70】今成の対戦相手が、竹中に反則負けのキム・デフォンに変更

ONE70【写真】3カ月のインターバルで再起戦に臨む今成の対戦相手がキム・デフォンに代わった(C)ONE & MMAPLANET

6日(金・現地時間)、ONE Championshipより20日(金・同)にフィリピンのマニラで開催されるONE70「Heroes of Honor」に出場する今成正和の対戦相手がキム・デフォンになったことが明らかになった。


日本と韓国は常に大きなライバル関係にあるというストーリー仕立てのプレスリリースにより、今成の対戦相手が当初予定されていたケヴィン・チュンから、2月のミャンマー大会で竹中大地にスタンドでRNCを仕掛けられた状態で、前転するように頭から落とした行為で反則負けとなったキム・デファンに代わったことが分かった。

チュンの負傷欠場より、打撃主体、組み技の受け&防御力もアベレージ以上のキム・デファンへの変更は今成にとってさらに厳しい戦いをもたらすことが予想される。そんなキム・デファン戦について、今成はプレスリリースに「軽い相手じゃない。危険な相手だけど、42歳の今も戦い続けているのだから、そであることを逆に臨んでいる。絶対的に彼にとってしんどい試合になる」とコメントを寄せている。

一方、キム・デフォンは「イマナリはストロング・ウォリアーだけど、僕の方がより強い戦士だ。そして、歴史に名前を残すようになる。イマナリとグラップリングしても良いけど、僕はストライカーだしKOする」と意気込みを語っている。

今大会はリングを使用したイベントで、ONE Super Seriesがスタートを切る。明らかに立ち技&打撃志向が強くなっているONEにあって足関十段がどのような試合を見せるか。

PR
PR

関連記事

Movie