この星の格闘技を追いかける

【ONE72】19歳クリスチャンが実姉アンジェラと世界戦揃い踏み。SSムエタイ世界戦&青木はロシアンと

Lee【写真】試合前はケージ内でも目を瞑って精神統一がおなじみのクリスチャン・リーがいよいよ世界戦へ (C)MMAPLANET

4日(水・現地時間)、ONE championshipが5月18(金・同)にシンガポールのシンガポール・インドアスタジアムで開催するONE72「Unstoppable Dream」で、ONE世界フェザー級マーチン・ヌグエンにクリスチャン・リーが挑戦することを発表した。


メインでONE女子世界アトム級王者アンジェラ・リーがVV.meiのチャレンジを受ける同大会、アンジェラの19歳の実弟クリスチャンの世界挑戦が決まった。2015年12月に17歳6カ月でMMAデビューを果たしたクリスチャンは、これまで9勝1敗の戦績で、その唯一の敗北を喫した相手が王者ヌグエンだ。

キャリア5連勝という状況でヌグエンと対戦したクリスチャンは右を当ててラッシュをかけたところで、左フックを被弾し続くスクランブルの攻防でパワーギロチンにより失神させられている。この敗北から4連勝、クリスチャンの過去2戦は朴光哲と横田一則という日本を代表するフェザー級のベテランファイターをフィニッシュしている。

Ngyen対するチャンピオンはクリスチャン戦後から快進撃を見せ、昨年1月に横田をKOすると、8月にマラット・ガフロフを倒しフェザー級王者となり、11月にはエドゥアルド・フォラヤンをKOしライト級王座も獲得。今年の3月24日のONE69でビビアーノ・フェルナンデスの持つ世界バンタム級のベルトに挑戦し、判定負け――3階級同時制覇の夢が潰えたばかりだ。

この両者の世界フェザー級選手権試合の実現に関して、チャトリ・シットヨートンCEOの「この短期間で王座防衛戦の臨むマーチンは真のチャンピオンだ」とコメントしている。

Sam-A Gaiyanghadaoリー姉弟が王者と挑戦者として世界戦に挑むこの日は、打撃のみのONEスーパーシリーズ・ムエタイ世界フライ級王座決定戦として、サムエー・ガイヤーンハーダオがスリナム系オランダ人のセルジオ・ヴィールセンと戦うことも併せてアナウンスされている。

45勝18敗2分、元It’s showtime世界61キロ級MAX王者のヴィールセンは2年前にはエルボー有りの米国ムエタイ大会=Lion Fightのライト級王者と、ルンピニー2階級制覇&左ミドルの達人が、サークルケージでどのようなムエタイを繰り広げるのか、興味深い。

Yahyaevさらに同大会では青木真也がラスル・ヤキャエフと戦うことも決まっている。キャリア11勝6敗のヤキャエフは、昨年12月にシャノン・ウィラチャイと世界ライト級チャレンジャー決定戦で勝利しているが、ここで青木と戦うこととなった。

青木にとってライト級でMMAを戦うのは1年半ぶり、さらにいえばライト級での勝利は2015年5月の安藤晃司から遠ざかっている。最近では論客としても才能を発揮している青木だが、だからこそ本職&本来の階級で、組んでバック奪取系のヤキャエフを相手に絶対に星を落とせない一戦を迎えることとなった。

PR
PR

関連記事

Movie