この星の格闘技を追いかける

【IMMAF】世界最大のアマMMA団体のオセアニア・オープンで加藤輝彦、前田浩平&山口怜臣が金メダル獲得

IMMAF OOC【写真】左から加藤、前田、山口の金メダリストたち (C)PANCRASE

20日(火・現地時間)、パンクラスより16日(金・同)から18日(日・同)の3日間に掛けて、豪州ビクトリア州のメルボルン・エキシビション&コンベンションセンターで開催されたアーノルド・スポーツ・フェスティバル内で、開かれたIMMAFオセアニア・オープン選手権大会で日本より派遣された3選手が、揃って各階級を制したことという発表があった。


Titan FCフライ級&バンタム級王者ホゼ・トーレスが2年連続で世界大会を制して、ゴールデンルーキーとして北米プロMMA界にデビューを果たしたことでも知られる世界最大のアマMMA団体=IMMAF。IMMAFではヘッドギアとシンガード着用でパウンド有り、エルボー禁止のルールを使用しており、今大会にはライト級でピュアブレッド所属の加藤輝彦、フェザー級ではGRABAKA所属の前田浩平、バンタム級でアライブ所属の山口怜臣の3選手が揃って優勝した。

JMMAFがIMMAFに加盟して4年目でついにメダル獲得となり、11月にバーレーンのイーサ・タウンにあるリーファ・スポーツシティ・アリーナで開催予定の世界大会への弾みがついた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

WEF X Arzalet

ONE DAY