この星の格闘技を追いかける

【UFC101】ケン・フロに大声援、BJにはブーイングの計量

2009.08.08

(C) ZUFFAいよいよ明日8日(土・現地時間)に開催が迫ったUFC101『DECLARATION』。7日(金・同)にフィラデルフィアのワコビア・センターで公開計量が行われ、メイン登場のUFC世界ライト級王者BJ・ペン、挑戦者ケニー・フロリアンともにリミット丁度で計量をパスした。

【写真】計量後、クールな威圧感を充満させるBJに対し、ケン・フロも一歩も引かず。ライト級世界最高峰の一戦では、どのような攻防が見られるか (C) ZUFFA

米国第五の都市ペンシルバニア州フィラデルフィア。東海岸ではニューヨーク&ボストンに次ぐ規模を誇る大都市で行われるUFCでは、前述の二都市がイベント開催に至っていない状況で、東部最大規模の都市での興業となる。

TUFシーズン7ウェナーのアミール・サダロー、セミのアンデウソン・シウバ×フォレスト・グリフィンらと同様にヒカルド・アルメイダ、カート・ペルグリーノという東部をベースとのファイターに声援が集まった公開計量。なかでもボストン在住のケン・フロの「BJはトップファイター。だから、彼を超えたい」というコメントには最も大きな歓声が沸き起こった。


対照的にブーイングに包まれたBJ・ペン。ベガスでは人気者の彼にとって、このような敵地といえるファイトは珍しい。もっとも天才は周囲の声に惑わされることなく、なすべきことに集中できるに違いない。

Anderson (C) ZUFFA【写真】ミドル級に敵なし(ということもなくなりつつある)世界王者アンデウソン・シウバが、昨年7月のジェイム・アーヴィン戦に引き続き、ライトヘビー級にチャレンジ。元世界ライトヘビー級王者フォレスト・グリフィンを叩くには、やはり頬の肉の残り具合が気になる (C) ZUFFA

フィラデルフィア・フィリーズのレプリカ・ユニフォームを着たダナ・ホワイトが大袈裟に身震いを見せたセミのライトヘビー級戦は、やはりアンデウソンの顔がふっくらしている点が印象に残っている。ライトヘビー級トップのフォレストが相手だけに、一階級上へのチャレンジは相当厳しいものになるかもしれない――と見る者に思わせるに十分な両雄だった。

■UFC101計量結果は下記の通り

<UFC世界ライト級選手権試合/5分5R>
[王者]BJ・ペン:155ポンド(70.3キロ)
[挑戦者]ケニー・フロリアン:155ポンド(70.3キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
アンデウソン・シウバ:205ポンド(92.9キロ)
フォレスト・グリフィン:205ポンド(92.9キロ)

<ウェルター級/5分3R>
アミール・サダロー:166.5ポンド(75.5キロ)
ジョニー・ヘンドリックス:171ポンド(77.5キロ)

<ミドル級/5分3R>
ヒカルド・アルメイダ:185ポンド(83.9キロ)
ケンドール・グローブ:185.5ポンド(84.1キロ)

<ライト級/5分3R>
ジョシュ・ニアー:155.5ポンド(70.5キロ)
カート・ペルグリーノ:154.5ポンド(70.1キロ)

<ライト級/5分3R>
シェーン・ネルソン:156ポンド(70.8キロ)
アーロン・ライリー:154ポンド(70キロ)

<ウェルター級/5分3R>
タムダン・マックローリー:170ポンド(77.1キロ)
ジョン・ハワード:169.5ポンド(76.9キロ)

<ミドル級/5分3R>
ターレス・レイチ:185ポンド(83.9キロ)
アレッシオ・サカラ:185.5ポンド(84.1キロ)

<ウェルター級/5分3R>
マット・リデル:170ポンド(77.1キロ)
ダン・クレーマー:169.5ポンド(76.9キロ)

<ライト級/5分3R>
ジョージ・ソティロパロス:155ポンド(70.3キロ)
ジョージ・ループ:154ポンド(70キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ダニーロ・ビルフォート:170.25ポンド(77.2キロ)
ジェシー・レノックス:171ポンド(77.5キロ)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY