この星の格闘技を追いかける

【DEEP82】石橋幸太と対戦するスーパー10代=高橋誠「通過点としか考えていない」

Takahashi vs Ishibashi【写真】17歳、7カ月。フィジカルもこれだけのモノを持っている高橋だ (C)DEEP

24日(土)、東京都江東区のディファ有明で行われるDeep82でスーパー・ティーンエイジャーこと高橋誠が、石橋幸太と対戦する。

2016年4月に15歳9カ月でMMAデビューを果たし、これまで5連勝中(※1分)の高橋。目標は今年中のRIZIN出場という彼を計量直後にキャッチした。
Special Thanks to RYOJI


――計量が終わりました。現在の体調は?

「水抜きの仕方を変えて、体重だけでなく体調の方もバッチリです。いつも以上に動けると思います」

――水抜きの方法を変えたというのは?

「ジムの先輩にアドバイスを貰って、それを12月の尼崎の試合で取り入れたら良い動きができたので、また少しアレンジしてきました。凄く上手くいきました」

――尼崎ではパンクラスの獅庵選手を圧倒しました。

「う~ん、でも詰めが甘かったです。一本取れると思ったところを取れなかったですし、そこを練習しているので、試合で取れるようになりたいです。圧倒するだけじゃなくて、フィニッシュまでにつなげたい。圧倒するのは当たり前なので、その上で一本勝ちできるようになる――それが今の目標です」

――この試合に向けてはどのような練習をしてきましたか。

「週に2日ずつキック、グラップリング、MMAをやってきました。そのなかにウェイトトレーニングをいれています。強いチームなので、良い練習ができています」

――ONEのトライアウトを受けていましたが……。

「年齢で引っかかって落ちちゃいましたけど、海外の人にも良いアピールができたんじゃないかと思います(笑)。経験にもなったし、良いかなって。でもトライアウトはトライアウトなので注目されるように頑張ります」

――では石橋選手の印象は?

「フィジカルが強いというイメージです。そこはもう大丈夫です、僕も強いので。スピードで圧倒します。この試合は通過点としか考えていないので、圧倒して勝ちます。できればRNCとか、3Rルールで戦うのでサッカーボールキックを使ってみたいです」

――ベルトやこの先についてはどのように考えていますか。

「10代でベルトを獲ります。それと今年中にRIZINに出たいです。最年少でRIZINに出るために今回、良いチャンスなのでしっかりとアピールできるよう戦います」

――ではアピールの一言お願いします。

「今、17歳で頑張っているんですけど、これからドンドン強くなるので応援よろしくお願いします」

■ DEEP82計量結果

<DEEPミドル級王座決定戦/5分3R>
奥野泰舗: 83.35キロ
水野竜也: 83.75キロ

<バンタム級/5分3R>
元谷友貴: 61.55キロ
ピョン・ジェウン: 61.2キロ

<ミドル級/5分3R>
長谷川賢: 84.3キロ
林源平: 84.15キロ

<女子フライ/5分3R>
中井りん: 56.95キロ
キム・ヨンギ: 57.15キロ

<バンタム級/5分3R>
石司晃一: 61.55キロ
城田和秀: 61.55キロ

<フライ級/5分3R>
石橋幸太: 56.95キロ
高橋誠: 57.05キロ

<ライト級/5分2R>
大山釼呑助:70.75 キロ
ムン・ギポム: 69.75キロ

<ウェルター級/5分2R>
渡部良知: 77.45キロ
三浦康彰: 76.9キロ

<バンタム級/5分2R>
遠藤大翼: 61.4キロ
若菜千明: 61.5キロ

<フライ級/5分2R>
中山ハルキ: 57.0キロ
鮎田直人: 56.95キロ

<バンタム級/5分2R>
小野隆史: 61.55キロ
橋本ユウタ: キ61.4ロ

<ストロー級/5分2R>
マサキ・キタミ: ―キロ
カネタケマン: ―キロ

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday