この星の格闘技を追いかける

【ACB80】アリ・バコフ、抜群のレスリングコントールを見せレアンドロ・ブスカペに圧勝

<ライト級/5分3R>
アリ・バゴフ(ロシア)
Def,5-0
レアンドロ・ブスカペ(ブラジル)

バゴフが試合開始直に組んで、ケージにブスカペを押し込んでシングルで倒しにかかる。ガードを取ったブスカペをケージに押し込んでパウンドを落とすバゴフに大声援が起こる。勢いのある左の鉄槌を落とし、左エルボーをブスカペの顔面に入れる。上体を起こしさらに勢いのあるパンチ、エルボーを連打したバゴフを相手、ブスカペはクローズドを取るばかり。鉄槌、ヒジを打っていったバゴフが初回を取った。

2Rもすぐにダブルレッグでテイクダウンを決めたバゴフが、ディープハーフのブスカペにエルボーを落とす。シングルに出たブスカペは立ち上がることに成功するが、両足を束ねられヒザをついて背中を譲ると、防戦一方に。それでもスクランブルから、逆にトップを取り返したブスカペも鋭いエルボー、左のパンチを落とす。

初回と立場を入れ替え、ひたすらクローズドガードを取り続けるバゴフに対してブスカペはトップを取った上体で2Rを戦い抜いた。

最終回もバゴフが、早々にテイクダウンを決める。スクランブル狙いのブスカペだが、足を滑られ引き込む。バックコントロールからヒザ蹴りを打ちつける。立ち上がっても、同じ態勢に持ち込まれたブスカペだったが、右を差して立ち上がる。バゴフはスラム後にダブルからバックに回り、寝技に持ち込んでバックマウント。後方からパンチを入れ仰向けになったブスカペからマウントを奪うと、強烈な勢いで鉄槌、パンチ、エルボーを落とす。

嫌がって背中を向けたブスカペにRNCを仕掛けたバゴフ、アゴの上からで絞めは極まらなかったが最後までパンチを打ちつけ、5‐0の判定で元UFCファイターを下した。勝負どころをしっかりと押さえたバゴフの勝利だった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY