この星の格闘技を追いかける

【LFA33】試合結果 ブラヒマジ&メインフィールド、15億円契約の元NFLハーディーが勝利

LFA33【写真】左からカイル・スチュワート、ラミズ・ブラヒマジ、アロンゾ・メインフィールドという今大会の勝者達(C)LFA/RICH BURMASTER

16日(金・現地時間)、テキサス州ダラスのザ・ボム・ファクトリーでLFA33「Wills vs Stewart」が行われた。

18日(日・同)のUFN126=テキサス州オースチン大会に9名ものLegacy FC+RLF=LFA経験者が出場しており、北米ナンバーワン・フィーダーショーであることを知らしめているLFAだが、今回は注目度の高いアマMMAが組まれていた。

01それがヘビー級3分×3Rマッチ=グレッグ・ハーディー×ライアン・チェスター戦だ。元NFLのディフェンシブ・エンドで、カロライナ・パンサーズ時代にはプロボウル(※オースター戦)に選出されるも、ガールフレンドへの暴行事件で訴えられ(その後、告訴が取り下げられる)、フリーエージェントになるや15億円の大型契約で名門ダラス・カウボーイズへ。しかし、コカイン所持で逮捕され、現在はインドア・フットボール・リーグのリッチモンド・ラフライダーズに所属している。

その一方でMMAファイターを志し、ATTでトレーニングを積みと昨年11月にアマMMAデビューを飾った。今回は3戦目でアマチュアとはいえLFA初陣を迎え、キャリア3勝1敗のチェスターを僅か14秒でTKOしている。


LFA33「Wills vs Stewart」
<フライ級/5分3R>
○ヴィクター・アトラミラノ(米国)1R4分59秒
腕十字
×クリス・サリナス(米国)
<ウェルター級/5分3>
○カイル・スチュワート(米国)3R
判定
×ジャリール・ウィリス(米国)
<ライト級/5分3R■>
○デイモン・ジャクソン(米国)1R0分38秒
肩固め
×クリス・ペセロ(米国)
<120ポンド契約/5分3R>
○メイシー・バーバー(米国)1R0分31秒
RNC
×カイラ・トンプソン(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○ラミズ・ブラヒマジ(米国)1R4分10秒
RNC
×ビラル・ウィリアムス(米国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○アロンゾ・メインフィールド(米国)1R2分41秒
RNC
×ブライス・リタニコー(米国)
<フライ級/5分3R>
○ケヴィン・ワース(米国)3R3分33秒
KO
×アイゼア・グティエレス(米国)
<フェザー級/5分3R>
○オースチン・リンゴ(米国)1R
TKO
×オマー・バンジャール(モロッコ)
PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY