この星の格闘技を追いかける

【UFC221】KO勝ち直前だったマーク・ハントが、テイクダウンから流れを失いブレイズに判定負け

<ヘビー級/5分3R>
カーティス・ブレイズ(米国)
Def.3-0:30-26.30-26.29-27
マーク・ハント(ニュージーランド)

ブレイズがワンツー、右ローを繰り出す。右に回るハントワンツーから右フックを空振りする。ワンツーを続けるブレイズは、ハントが距離を詰めて来ても下がらない。とダブルレッグでブレイズがテイクダウンを奪うも、ハントはワキを差してすぐに立ち上がる。直後に右オーバーハンドを打ちぬいたハントは、体が揺れるブレイズにラッシュを掛ける。

ブレイズは右を打たたれて腹這いにされたが、スタンドに戻るや左フックにテイクダウンを合わせて窮地を脱出する。バックを制して後方からパンチを入れていくブレイズ。立ち上がった直後にボディロック・テイクダウンを許したハントは背中をマットにつけてパウンドを被弾し、マウントを取られる。ブレイズがバックマウントに転じたところで初回が終わった。

2R開始早々、ブレイズが組みつきテイクダウンを狙う。体を入れ替えた離れたハントは、呼吸を整え左アッパー。ブレイズは左ジャブを続けて、ハントを誘う。テイクダウンを嫌がってか、手数が少なくなったハントはジャブに反応したところで、またもテイクダウンを奪われる。残り1分を切りエルボーを打ち付けたブレイズは、ハントにスクランブルを許さず細かいパンチから、勢いのあるヒジを落としてパス。明白に2Rを取った。

最終回も開始早々にダブルレッグを決めたブレイズは、立ち上がろうとしたハントをスラムで叩きつける。直後にブレイズはマウントを取って左右のパンチ、エルボーを打ち下ろす。足を戻されても、アメリカーナ狙いからエルボーの連打に切り替えたブレイクは立ち上がろうとするハントのバックを取る。

立ち上がったハントを後方に倒したブレイズの密着は続き、ハントは手首をコントロールされて離れることができない。サイドからエルボーとパンチを続けるブレイズに対し、残り1分でハントが右腕を差して立ち上がることに成功する。

しかし、直後にダブルレッグで崩されたハントは万事休す、後方からパンチを被弾し続け、自ら背中をマットにつけたところでマウントを取られた状態でタイムアップを迎えた。KO負けの危機を切り抜けたダブルレッグから形成逆転に成功したブレイズが、3-0の判定勝ちでレジェンド越えを果たした。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY