この星の格闘技を追いかける

【2017~2018】久米鷹介─03─「生きているだけで幸せだって(笑)」

Takasuke Kume【写真】格闘技をする──幸せさに満ちている久米。もちろん、その裏には普通ではこなせない努力が存在していることを忘れてはならない(C) MMAPLANET

9人のファイター達が語る2017年と2018年、久米鷹介の足跡と一里塚─最終回。

年末年始に開始した9選手の連続インタビュー、随分と掲載に時間が掛かってしまいましたが、久米鷹介の格闘幸福論で締めたいと思います。

<久米鷹介インタビューPart.01はコチラから>
<久米鷹介インタビューPart.02はコチラから>


──トーナメントには出なかったですが、ロードFCにまた出場することはありでるのでしょうか。

「トーナメントのオファーを貰った時も出たい、戦いたいという気持ちはありました。でもUFC日本大会に出たいという気持ちと天秤にかけた時に、パンクラスで元UFCファイターや国際戦を経験して……という選択をしたので。

ロードFCのトーナメントは色々な国からたくさん選手が出ていましたが、最後の4人は本当に強いファイターが残りましたね」

──ホニ・トーレス、シャミール・ザフロフ、マンスール・ベルナウイ、そして下石康太選手。この勝者と名前を出してしまうと、クォン・アソルが戦うことになります。

「トーナメントで勝ち残った選手に負ける可能性は十分にありますよね。だから、今は傍から見ている立場で凄く楽しみにしてします。今、韓国人は強くなっているのに誰も残れなかった。あのフランスの黒人選手とかも、凄く強いし、ロシア人とホニ・トーレス、それに下石選手は十分にクォン・アソルに勝つ力があると思います」

──やはり気になるモノでしたか。

「そうですね。全試合をチェックしているわけではないですが、トーナメントの行方は追っていました」

──それでも今の久米選手の気持ちは……。

「UFCを目指す──そこが第一なのは変わりがありません」

──重ねて言うとオーバー30の選手がUFCと契約をするのは並大抵のことではありません。

「それも理解しています。なので、海外に関しては色々な選択肢を考えて、自分のために動いてくれる人もいますし。僕は自分でコントロールできないことに気を取られるのではなく、日々の練習、1日1日を大切に過ごして強くなり、与えられた試合で勝つ……やはり、それしかないです」

──奢ることなく、一つ一つの積み重ねですね。久米選手は常に。人に対して、格闘技に対して謙虚さを持ち合わせていると思います。

「これが謙虚なのかどうかは分からないですが、徳留選手をはじめ戦う相手の相手に対して、奢る気持ちは一切ないです。『1回勝っているし、次は大丈夫でしょう』って言う人もいました。そういう言葉に勘違いしちゃいけないって、徳留選手の強さは自分が一番知っているんだからと常に思っていました。

でも、選手なのでそういう部分に乗らされてしまう人っていると思うんです。僕の場合は徳留選手と戦うために前回は安藤(晃司)選手に練習をしてもらったり、2度目は発さんが付きっきりで相手をしてくれました。その状況で僕は奢るような要素はないです。

自分がイイ気になれない人たちが、僕を引き締めさせてくれます。なので謙虚というか、奢りようがないです(笑)。この環境ですね、本当に。先ほども言いましたが、結果が悪い方向に出た時は自分の責任です。ここまで支えてもらって結果が出せない。それは僕の力が足らないからです。なので、敗北は自分で受け止めるしかない」

──逆に勝てば、皆で大喜びする。

(C)PANCRASE

(C)PANCRASE

「試合中も発さんの指示は全て信じて動きます。一緒にやってきたことを、皆がやってくれたことを信じ込む。だから落ち着いて戦うことができます。

それで結果が出なかったからといって、自分が信じている人たちに何か想うようなことはないです。どれだけやっても、最後は自分なんです。勝てないのは僕は弱いからで、発さんや重久さん、社長に非は全くないですから。

それだけ信じてきたことが、結果によって変わり、敗因を自分に求めなくなることを想像するとゾッとします」

──そういう人は多いと思いますよ。

「好きでやっているので、全ては自己責任ですよね。MMAは強くなるために練習しているのですが、皆といることが楽しいです。だから続けることができます。本当に自分は幸せ者です。なんかもう、生きているだけで幸せだって(笑)」

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY