この星の格闘技を追いかける

【UFN128】佐々木憂流迦の再起戦の相手は──14勝1敗のロシアン=ビブラトフに!!

UFN128【写真】(C) Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images & WSOF

4日(日)、UFC JAPANより4月21日(土・現地時間)にニュージャージー州アトランティックシティのボードウォーク・ホールで開催されるUFC Fight Night128に佐々木憂流迦が出場し、マゴメド・ビブラトフと対戦することが発表されている。


昨年9月の日本大会でジョズエ・フォルミーガのRNCで敗れた憂流迦の再起戦は、とんでもない猛者が対戦相手となった。元WSOF世界フライ級王者ビブラトフはキャリア14勝1敗、オクタゴン2戦目となったジョン・モラガの右フックに沈むまでデビュー以来、負け知らずだった。

チェチェン共和国出身、6歳で空手を始めたビブラトフはその後パリに移住。フランスでMMAを初め、再びロシアに戻り噂のACBではバンタム級GPで優勝、WOSFで世界王者となっている。空手ベースが関係しているのか、回転系の蹴りとテイクダウンを融合させたスタイルは北米にはほとんど見られない独特な戦い方だ。

そんな強豪との対戦が決まった憂流迦のコメントは以下の通りだ。

佐々木憂流迦
「今回の対戦相手はとてもタフなロシアの選手です。周囲の評判や彼の戦績から見てもかなり良い選手だと思います。ただ、僕もそれに負けない強い心としっかりとした準備をして、勝利を勝ち取りたいと思います! ファンの皆様、是非この試合を楽しみにしていて下さい! 4月22日、素晴らしいパフォーマンスをお見せします!」

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY