この星の格闘技を追いかける

【EJJC2018】ライト級、徹底再現。岩崎正寛×エドウィン・ナジミ

1月16日(火・現地時間)から21日(日・同)にかけてポルトガル、リスボンにあるパヴィラォン・ムルチウソス・ジ・オジヴェラスで行われたIBJJF(国際柔術連盟)主催のヨーロピアンオープン柔術選手権。レビュー第5回はライト級で昨年3位に入賞した岩崎正寛の準決勝の詳細をお届けしたい。


<ライト級準決勝/10分1R>
岩崎正寛(日本)
Def. by 2-0
エドウィン・ナジミ(米国)

序盤、岩崎がダブルレッグで飛び込んでテイクダウンに成功。ナジミは倒されながらギロチン合わせるが、岩崎は腰を高く上げて絞めを緩めようとする。まだナジミが極めを狙い続けているため、この時点ではテイクダウンのポイントは入らない。

やがてナジミがバタフライから跳ね上げようとするが、それに合わせて岩崎は横に飛んでのパス狙いに。岩崎をハーフに入れたナジミは、ギロチンを解除すると同時にすぐにエビで距離を取って立ち上がる。バックに付きかけた岩崎だが、ナジミはそれも振りほどいてブレイク。これで両者にアドバンテージが与えられた。

スタンド再開後、岩崎はハーフに引き込みディープハーフに移行すると、横にスピンしてのスイープ狙いへ。そのまま脇を差して倒そうとするが、ナジミもバランスをキープ。ここで岩崎にもう一つアドバンテージが加算された。

リードされたナジミは、岩崎の顔面に額を押し付けてプレッシャーをかけて足を抜きにかかるが、岩崎は耐えて立ち上がる。するとナジミは代名詞ともいえる飛びつき三角を仕掛ける。ただし両足のフックを組むことこそできたものの、岩崎は右腕を完全には越えさせず中に入れている。そのまま岩崎が体勢を低くして耐えると、ナジミは諦めてフックを解除。この攻防でナジミにアドバンテージが与えられ、スコアは同点となった。

ここからナジミは、師匠のホムロ・バハウ譲りのスパイダーガードに。岩崎は体勢を低くしてワキを締めて対処し横にパスを狙っていくが、ナジミもガードをキープする。次にクローズドガードを作ったナジミは再び三角絞めを狙うが、岩崎も慌てず外側から対角線にスタックする得意の形で対処する。

残り5分。ここからナジミはスパイダーやラッソーの組手を作り、また岩崎のラペルを握ってスイープを仕掛ける。岩崎は強靭なベースに加え、ヒザでグリップを切るなどして対処する。ナジミはさらにスパイダーで煽るが、岩崎は耐える。ならばとナジミは立ち上がりながら岩崎の体を引きつけて倒しにかかるが、岩崎は距離を取って対処する。

スタンド戦でも攻撃の手を休めないナジミは、岩崎の道着を煽ってから横捨て身を仕掛けて体勢を崩し、そのまま上を狙う──も、岩崎は立ち上がって距離を取ることに成功する。岩崎はここ数年鍛え上げたベースとスクランブル力をもって、世界最高峰による怒涛の攻撃を凌ぎ続け、試合は残り3分に。

岩崎は満を持してダブルレッグ狙いに。受けたナジミは再び横捨て身にゆくが、バランスを保った岩崎はサイドに。両者の体が場外に出てブレイクとなり、岩崎にアドバンテージが入り、3-2とリードすることになった。

試合はスタンドで再開となり、岩崎は一度シングルのフェイントを見せた後、右足にシングルを仕掛ける。ナジミはがぶるように上から岩崎の首を取って圧迫にかかる。その圧力を受けてなお潰れない岩崎は、ナジミのギの裾と帯を抱えて押し込む。

対するナジミは岩崎の首を取ったまま後方に投げて、上からチョークを仕掛ける。ナジミのアクションの度に岩崎は体を起こして、グリップを離さずにテイクダウンを狙い続ける。極めたいナジミとそれを耐えて上を取りにゆく岩崎。お互い死力を振り絞ってのせめぎ合いだ。

残り30秒。ナジミは再び岩崎を後方に投げるが、岩崎はスクランブルから上の体勢に。そしてついに頭を抜いて2点先取に成功する。同時にナジミにもアドバンテージが一つ与えられたが、 極めとスクランブルの執念の攻防を制したのは岩崎の方だった。

勝利目前の状態で岩崎は、横に回ってのパスを狙い、攻撃の姿勢を崩さないまま試合終了に。世界屈指の極め力を誇るナジミの連続攻撃をことごとく防いだ上で勝利をもぎ取った岩崎は、ガッツポーズの後マットを叩いて歓喜の表情を見せた。紫と茶帯で世界制覇、黒帯でも準優勝の経験があるワールドクラスのナジミ越えは岩崎のワールドクラス入りを意味する。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY