この星の格闘技を追いかける

【EJJC2018】ライト級、Only One 柔術=岩崎正寛の初戦と準々決勝を振り返る

1月16日(火・現地時間)から21日(日・同)にかけてポルトガル、リスボンにあるパヴィラォン・ムルチウソス・ジ・オジヴェラスで行われたIBJJF(国際柔術連盟)主催のヨーロピアンオープン柔術選手権。各国から強豪が参戦した大会の模様を日本人選手の活躍を中心にレポート。第4回はライト級出場の岩崎正寛の準々決勝までを振り返りたい。


<ライト級1回戦/10分1R>
岩崎正寛(日本)
Def. by 2-0
アリ・モンファラディ(バーレーン)

試合開始早々岩崎は、モンファラディの引き込みにテイクダウンを合わせて2点を先制。そのままハーフで胸を合わせて抑え込む。モンファラディは返そうとするが、岩崎は上半身の圧力で押し返してトップをキープ。

やがてモンファラディはクローズドガードを取りに。脇を締めてヒジで割りに行く岩崎。モンファラディのガードが開くと、岩崎は横に飛んでのパスを狙う。モンファラディはそれを防いでガードを作り直し、改めてスパイダーやラッソーからのスイープを狙うが、岩崎のベースは崩れない。

やがてモンファラディが三角絞めを狙って腕を超えると、岩崎は内側の腕を流させずに、外側から対角線に体重をかけることでこれを潰し、モンファラディを後転させてアドバンテージを一つ獲得した。

その後もオープンガードからのスイープ狙いを岩崎のベースと圧力で潰され続けたモンファラディは、終盤にディープハーフから脇を差してのスイープに。これも岩崎は素早く立ち上がって回避。ならばとモンファラディはハーフから後転するように50/50に入るが、岩崎は両手をマットに付いてこらえて立つ。岩崎は試合終了までトップを守り続け、初戦を突破した。

序盤にルールを利用して取った先制点を、ボディバランスと圧力で確実に守っての勝利。ポイントメイイングの巧さとフィジカルの強さの両方を発揮して快勝した岩崎は、昨年のノーギ・ワールズの覇者でもあるヘナート・カヌートとの準々決勝に駒を進めた。

<ライト級準々決勝/10分1R>
岩崎正寛(日本)
Def. by 2-0
ヘナート・カヌート(ブラジル)

まず岩崎が得意のハーフガードに引き込む。すかさず上から腰を切ってアドバンテージを獲得したカヌートは、そのまま絡まれている右足を抜きにかかるが、岩崎は勢いよく足で床を蹴って側転するかのごとく倒立、そのまま上になるという離れ業のスイープを決めて2点を先制する。

カヌートは三角絞めを狙うが、岩崎は外側から対角線に体重をかけてスタックして潰す。パスのチャンスかと思われたが、ここは惜しくも場外ブレイクに。

再開後、テイクダウンのフェイントを掛け合う両者。カヌートは岩崎のズボンを掴んでのシングルを狙うが、腰を引かれスプロールされる。やがて引き込んだカヌートは、ラッソーガードとラペルグリップの両方を取ってからのスイープで崩しにかかるも、岩崎はすぐに体勢を戻す。ここでカヌートがアドバンテージを一つ獲得した。

カヌートは再び足を上げて三角絞めを狙うが、岩崎はまたしても外側から斜めに体重をかけて潰し、バックに付きかける。カヌートは立ち上がってエスケープに成功したものの、岩崎がアドバンテージを奪い返した。

残り3分、スタンドで再開となり見合う両者にペナルティが与えられる。その後は岩崎は低い体勢からじりじりと前に出てプレッシャーをかけると、カヌートも道着を掴んで足を飛ばす。やがて残り2分のところで岩崎がハーフガードに引き込む。

カヌートはヒザを立ててニースライドを狙うが、岩崎はその右足に絡みついてディープハーフを作る。なんとか足を抜きたいカヌートはステップオーバーしてサイドをチェンジするが、足を抜くことはできない。時間のないカヌートは、左足で岩崎の足を踏みつけるようにして足を抜きにかかる。ならばとこの機に乗じて、岩崎はカヌートの右足を掴んでシングルレッグの体勢で立ち上がる。

カヌートは最後の手段とばかりにスタンディングでの小手絞りに入るが、岩崎は右足を掴んだまま、顎を引き極めさせない。結局そのまま時間切れ。試合終了と同時に頭を抜いた岩崎は、大声で勝利の雄叫びを上げた。

得意のハーフガードから、身体能力を最大限に活かしたアクロバティックなスイープで点を奪った岩崎の完勝。トップからのバランス、そして世界トップの柔術家相手に三角絞めの体勢に入らせておいて、スタックして潰す強さも特筆に値する。オリジナリティ溢れる戦い方で力を見せつけた岩崎は、ついに一昨年の世界2位にして優勝候補最右翼のひとり、エドウィン・ナジミとの準決勝に駒を進めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY