この星の格闘技を追いかける

【EJJC2018】フェザー級、ヨーロピアン初挑戦の世羅智茂はアドバン1差の惜敗

EJJC2018 Feather【写真】世羅が初挑戦したヨーロピアンの表彰台。優勝はマーシオ・アンドレ、準優勝がグリッポ。3位はドーダーラインとパイヴァ。ここに昨年のムンジアル王者コブリーニャ、表彰台に上がったレオナルド・サジオロやシェーン・テイラーを世羅は戦っていくことになる(C)IBJJF

1月16日(火・現地時間)から21日(日・同)にかけてポルトガル、リスボンにあるパヴィラォン・ムルチウソス・ジ・オジヴェラスで行われたIBJJF(国際柔術連盟)主催のヨーロピアンオープン柔術選手権。各国から強豪が参戦した大会の模様を日本人選手の活躍を中心にレポート。第3回は世羅智茂のフェザー級の戦いをお伝えしたい。


<フェザー級1回戦/10分1R>
ブライアン・マエチャ(米国)
Def. by 4-4 アドバンテージ 2-1
世羅智茂(日本)

ヨーロピアン初挑戦の世羅の初戦の相手は、一昨年の本大会3位であり、ガンを克服したことでも有名な米国のブライアン・マエチャだ。試合開始後引き込んだマエチャは、ラッソーガードやスパイダーガードを作って揺さぶりにかかる。バランスを保っては横へのパスを試みていた世羅だが、マエチャはやがてスパイダーを作ると、そこからスピンしてオモプラッタの体勢に入る。

世羅はマエチャの胴体をまたいで飛び越える形でのディフェンスを狙うが、その足を捉えたマエチャは、世羅を前方回転させて上を奪取して2点を先制した。スイープを許した世羅だが、下になりながらもマエチャの道着の裾を引き出すと、マエチャの右足に絡める形で固定するラペルガードへ。そのまま後方に倒してすぐに2点を返してみせた。

残り5分。世羅の担ぎを防いだマエチャは、スパイダーガードを作ると前方に世羅のバランスを崩すと、そのままレッグドラッグにつなげて上を奪取。4-2と再びリードを奪ったマエチャはさらにパスを狙うが、世羅はそれは許すまいとうつ伏せに。ここでマエチャがアドバンテージを獲得した。バックにつかれかけた世羅だが、世羅は下から体をずらしてガードに戻すことに成功。マエチャにアドバンテージが追加される。

やがて胸を合わせるように抑えてきたマエチャに対し、世羅は後方回転する形で上を奪取。ポイントでは4-4と並んだものの、アドバンテージでは2つリードを許している。残り3分、マエチャのガードの中に入っている世羅は、そこから胸を合わせるように袖車絞めに。入りかけていたように見えたが、マエチャは距離を作ってディフェンス。世羅がアドバンテージを1つ挽回した。

残り1分。スパイダーで世羅を煽ったマエチャは、さらにラッソーガードで左足を世羅の右腕に絡めると、右足も同じ側に突っ込みながら、世羅の体を引きつけて固めにかかる。動きを封じられてしまった世羅は最後まで動けず時間切れを迎え、アドバン1つ差で逃げ切られた形となった。

実績のある黒帯相手に2度スイープを決め、また上からの絞めで追い込むなど健闘を見せた世羅だが、一歩及ばず。ニアパスとニアバックでアドバンテージを奪われたことが響いての敗戦となった。世羅には世界の強豪たちとこのような競り合いを繰り返すなかで、一つ一つ階段を上がっていって欲しい。

ちなみに世羅を倒したマエチャは次戦でジャンニ・グリッポにチョークで一本負け。そのグリッポも決勝でマーシオ・アンドレとの競り合いに敗れた。世界の壁はかくも厚い。

■EJJC2018リザルト

【フェザー級】
優勝 マーシオ・アンドレ(ブラジル)
準優勝 ジャンニ・グリッポ(米国)
3位 アイザック・ドーダーライン(米国)
3位 イサッキ・パイヴァ(ブラジル)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY