この星の格闘技を追いかける

【UFN125】試合結果 リョート、生まれ故郷で辛勝。シェフチェンコは危な過ぎる強さ見せる

UFN125【写真】リョートが3年2カ月振りの勝利を手にした(C)Zuffa LLC/Getty Images

3日(日・現地時間)、ブラジルはベレンのアリアナ・ギレルミ・パラインシでUFC Fight Night125「Machida vs Anders」が開催された。

カーロス・グレイシーが前田光世の教えを受けた地──ベレンで初めて開かれたUFCのメインで、ベレン出身のリョート・マチダが10連勝中のアリク・アンダースと対戦し、正面に立つ場面が極端に少ない試合展開で判定勝ちを手にした。回ってローを当てる戦法での判定勝ちを得たリョートは試合後にマイケル・ビスピン戦をアピールしたようにレジェンド枠入りになっていくのか。

セミではフライ級転向初戦を戦ったヴァレンチーナ・シェフチェンコが、スタンドの打撃で優りながらも寝技で徹底的に攻め続け、流血のプリシーラ・カショエイラに圧勝している。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=チアゴ・マヘタ×アンソニー・スミス
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=ヴァレンチーナ・シェフチェンコユーリ・アルカンタラ


UFC Fight Night125「Machida vs Anders」
<ミドル級/5分5R>
○リョート・マチダ(ブラジル)5R
判定
詳細はコチラ
×アリク・アンダース(米国)
<女子フライ級/5分3R>
○ヴァレンチーナ・シェフチェンコ(ペルー)2R4分20秒
RNC
詳細はコチラ
×プリシーラ・カショエイラ(ブラジル)
<161ポンド契約/5分3R>
○ミシェウ・プラゼレス(ブラジル)3R
判定
詳細はコチラ
×デス・グリーン(米国)
<ヘビー級/5分3R>
○ティモシー・ジョンソン(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×マルセーロ・ゴルム(ブラジル)
<バンタム級/5分3R>
○ドゥグラス・アンドレージ(ブラジル)3R
判定
詳細はコチラ
×マルロン・ヴェラ(エクアドル)
<ミドル級/5分3R>
○チアゴ・マヘタ(ブラジル)2R1分03秒
TKO
詳細はコチラ
×アンソニー・スミス(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○セルジオ・モラエス(ブラジル)3R
判定
詳細はコチラ
×ティム・ミーンズ(米国)
<ライト級/5分3R>
○アラン・パトリッキ(ブラジル)3R
判定
詳細はコチラ
×ダミア・ハゾヴィッチ(デンマーク)
<女子ストロー級/5分3R>
○ポリアナ・ヴィアナ(ブラジル)1R3分50秒
RNC
詳細はコチラ
×マイア・スティーブンソン(米国)
<バンタム級/5分3R>
○ユーリ・アルカンタラ(ブラジル)1R1分06秒
TKO
詳細はコチラ
×ジョー・ソト(米国)
<フライ級/5分3R>
○デイヴィソン・アルカントラ(ブラジル)2R4分34秒
TKO
×ジョセフ・モラレス(米国)
PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY