この星の格闘技を追いかける

【Shooto】ドゥトロとの復帰戦に臨む田丸匠─02─「4人で試合に勝ってワクワクしていたい」

Takumi Tamaru【写真】これは背中を向けていますが、前向きの写真です(C) TAKUMI TAMARU

28日(日)に東京都文京区の後楽園ホールで開催されるプロ修斗公式戦で、ライリー・ドゥトロと対戦する田丸匠インタビュー後編。

昨年の10月大会で中村優作をKOしたPXC王者のドゥトロは、キャリアの序盤に後のメジャーリーガーであるブレイゾン・ハンセンとラッセル・ドーンにこそ敗れているが、キャリア11笑3敗で田丸にとっては最強の対戦相手となることは間違いない。

そんな強豪を相手に自分の可能性を試し、楽しむ気持ちでぶつかるという田丸には彼を支えるかけがえのない3人の大人たちがいた。

<田丸匠インタビューPart.01はコチラから>


──では、中村選手のKO負けは衝撃的だったのではないですか。

「1Rとか中村選手の右が凄く当たっていましたし……」

──そのドゥトロとのオファーがあったのはいつ頃ですか。

「10月の試合が終わって、次の週ぐらいには向うがOKならという感じで最初に話をもらいました。『待っていました』って(笑)。強い外国人選手と戦いたかったので、PXCのチャンピオンで中村優作選手を倒している──これ以上の相手はいないです。

あの相手が僕がカウンターの打撃を打ち込めるのか、試してみたい。そんな気持ちでいっぱいでした」

──これは危険なカードだと、実は思いました。復帰戦で、この相手かと。

「遅れを取り戻す意味でも、勝てば大きいです。何よりも勝てない相手じゃないですから」

──それでも過去最強の相手ではないでしょうか。

「僕もそう思っています。だからこそ、良いモチベーションが湧いてきました。これまで減量が練習など、しんどかったことを試合でぶつけてやるっていうネガティブなパワーも結構ありました。

それが今回はファイターとして良いモチベーションで、期待してくれる人たちのためにも頑張ろうって思えるんです。ドゥトロのお陰で、ぶつかってやろうっていうプラスなやる気が強くて、良い試合までの日々を過ごすことができました」

──田丸選手のMMAとしての動きで、ドゥトロを切り崩せるのか楽しみです。

「ドゥトロの強味って気が長いことだと思うんです。勝負を焦らない、忍耐力がある。ずっとプレッシャーをかけて、右ストレートのカウンターが当たるポジションに誘導する。そんな戦いを心棒強く続けています。

その右ストレートや左フックの位置に入らないこと。強いパンチを上手く掻い潜ることが大切になります。何より、ファンの皆さんにはエキサイティングな試合を見せたいです。今回の試合はこれまでの試合よりずっと、周囲の人に支えられているから今、僕はここにいることができるという気持ちが強くなっています」

──久米鷹介選手ばりの言葉ですね。

「プロとして身内のために頑張るというのは、また違うかとも思いますが、でもこの試合のために名古屋に出稽古に行かせていただいて、(日沖)発さんと久米さん達のチームとしての雰囲気が凄く良くのを実際に見させていただきました。だからああやって、久米さんは戦うこととができるんだと感じました。

僕にも柔術とMMAを見てくれるナセル・ド・ソルの野村(浩之)先生、元プロシューターでミットを持ってくれてウェイトコントロールなんかも面倒みてくれる坂元(寛史)さん、同じく元プロシューターで高校生の時から深夜の2時ぐらいまで練習に付き合ってくれて、家まで自転車で送ってくれたりしていた森(道楽)さん──いつもセコンドに就いてくれる特別な3人がいてくれます」

──感謝の気持ちで戦うことができる人がいてくれると。

「父親も兄弟もいない僕にとって、男の肉親ってこういう感じなのかということを教えてくれた3人がいなければ、僕は今日までやることはできなかったです。

この4人で試合に勝って、次のことを考えて笑って過ごす。皆でワクワクしていたい。チームメイトに勝つところをしっかりと見せたいです」

──田丸選手もこの先のことなど考えていると思いますが、それはドトゥロ戦に勝ってから聞かせてもらおうと思います。

「ハイ。ありがとうございます」

■ プロ修斗対戦カード

<修斗環太平洋バンタム級王座決定戦/5分3R>
魚井フルスイング(日本)
祖根寿麻(日本)

<フライ級/5分3R>
田丸匠(日本)
ライリー・ドゥトロ(米国)

<フライ級/5分3R>
猿田洋祐(日本)
清水清隆(日本)

<ライト級/5分3R>
松本光史(日本)
星野大介(日本)

<バンタム級/5分3R>
佐藤将光(日本)
齋藤曜(日本)

<バンタム級/5分3R>
土屋大喜(日本)
安藤達也(日本)

<世界ストロー級挑戦者決定戦/5分3R>
猿丸ジュンジ(日本)
村田一着(日本)

<バンタム級/5分2R>
齋藤翼(日本)
久保村ヨシTERU(日本)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

Grachan

ONE DAY