この星の格闘技を追いかける

【UFC100】レスナー&GSP完勝、秋山は合格点デビュー

【写真】試合後、興奮したレスナーは客席を挑発し、「クアーズ・ライトで乾杯だ」と叫ぶやその後は王者とは思えない品のない発言を繰り返した (C) ZUFFA

7月11日(土・現地時間)、米国ネバダ州ラスベガスのマンダレイベイ・イベントセンターでは、UFCナンバーシリーズ記念すべき100回目の大会=UFC100が開催。UFCジャパン、ジ・アルティメットファイター(TUF)フィナーレ、UFCファイトナイトを加えれば通算133度目となる同大会、そのラインナップはメイン級カードのオンパレードとなった。

メインイベントで行われたヘビー級世界王者対決ブロック・レスナー×フランク・ミアの一戦は、序盤からレスナーが圧力でミアを制し、下からミアが関節技を狙っても、冷静に遮断。2Rには、ハーフガードから腹這いになったミアの顔面と頭部にパンチを打ち分けると、動きの止まったミアをみてレフェリーが試合をストップした。

また、セミファイナルではUFC世界ウェルター級選手権試合が行われ、王者ジョルジュ・サンピエール(GSP)に最強の挑戦者チアゴ・アウベスが挑んだ。だが、試合は大方の予想に反し、GSPが完璧なゲームコントロールでアウベスの持ち味を完封。GSPの一方的な判定勝利となった一戦は、何度もテイクダウンを決めたGSPが、リズムを欠くアウベスからスタミナと精神力を削りに削り、一度も勝機を与えることなく試合を終わらせた。


試合後、ミドル級転向を訊かれたGSPは、「前から言っているように、僕はもうチャンピオンだからチャンピオンになる戦いはしない。185パウンドで戦うには、体を大きくする必要がある」と語るにとどめ、オクタゴンを降りた。

さらに、今大会では秋山成勲がUFCデビュー。PPVオープニングマッチに登場した秋山は、ミドル級の古豪アラン・ベルチャーと対戦、お馴染みとなったサラ・ブライトマン『TIME TO SAY GOODBYE』で入場すると花道ではセコンドを務める宇野薫らと正座して一礼した。

試合では、序盤から軽快に左ハイを蹴っていったが、ベルチャーのインローが急所に入り悶絶、また、左フックでダウンするなど苦しい立ち上がりとなった。それでも、2Rにはテイクダウンを奪って上からパウンド、ヒジを落とすと、スタンドでもベルチャーの蹴り足をキャッチしての右ストレートで勢いもろとも倒していった秋山。3Rになると、ベルチャーから受けたローのダメージに加え、明らかな疲労感をうかがわせたが、要所で打撃&テイクダウンを見せ、最後は2-1のスプリット判定で勝利。合格点となるUFCデビュー戦を飾った。

その他にも、TUFシーズン9のコーチ対決となったダン・ヘンダーソン×マイケル・ビスピンの一戦は、ダン・ヘンが強烈な右フックでビスピンを完全KO。アンダーカードでは、“大ベテラン”マーク・コールマンがステファン・ボナーから殊勲の判定勝ちを奪っている。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie