この星の格闘技を追いかける

【UFC 220】試合結果 ミオシッチ&コーミエーが鳴り物入りの新鋭に力の差見せつける

UFC220【写真】王者が圧倒的な強さを見せた2つの世界戦だった(C)Zuffa LLC/Getty Images

20日(土・現地時間)、マサチューセッツ州ボストンのTDガーデンでUFC 220「Miocic vs Ngannou」が開催され、メインのUFC世界ヘビー級選手権試合でスタイプ・ミオシッチがフランシス・ガヌーを破り3度目の王座防衛を達成した。

ワンパンKO、恐るべき剛腕ぶりを発揮してきたガヌーをテイクダウンからコントロールで削ったミオシッチが、完勝といえる防衛に成功し、UFC25年の歴史で初めて3度目タイトルを守ったヘビー級王者となった。セミのライトヘビー級選手権試合は王者ダニエル・コーミエーもまた、連続秒殺でタイトル挑戦権を獲得したヴォルカン・オズテミアの打撃戦にひかず、テイクダウンすると一気に試合をパウンドで決めている。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=カルヴィン・ケイター×シェーン・バーゴス
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=ダニエル・コーミエーアブゥドル・ラザク


UFC 220「Miocic vs Ngannou」
<UFC世界ヘビー級選手権試合/5分5R>
○スタイプ・ミオシッチ(米国)5R
判定
詳細はコチラ
×フランシス・ガヌー(カメルーン)
<UFC世界ライトヘビー級選手権試合/5分5R>
○ダニエル・コーミエー(米国)2R2分00秒
TKO
詳細はコチラ
×ヴォルカン・オズテミア(スイス)
<フェザー級/5分3R>
○カルヴィン・ケイター(米国)3R3分0分32秒
TKO
×シェーン・バーゴス(米国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○ジャン・ヴィランテ(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×フランシマール・バホーゾ(ブラジル)
<バンタム級/5分3R>
○ロブ・フォント(米国)2R2分24秒
TKO
詳細はコチラ
×トーマス・アルメイダ(ブラジル)
<フェザー級/5分3R>
○カイル・ボクニアク(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ブランドン・デイヴィス(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○アブドゥル・ラザク(米国)1R3分43秒
KO
詳細はコチラ
×サバウ・ホマシ(米国)
<フライ級/5分3R>
○ダスティン・オーティズ(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×アレッシャンドリ・パントージャ(ブラジル)
<フェザー級/5分3R>
○フリオ・アルセ(米国)3R
判定
×ダン・イゲ(米国)
<フェザー級/5分3R>
○エンリケ・バルゾラ(ペルー)3R
判定
詳細はコチラ
×マット・べセット(米国)
<ライト級/5分3R>
○イスラム・マカチェフ(ロシア)1R0分57秒
KO
詳細はコチラ
×グレイゾン・チバウ(ブラジル)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday