この星の格闘技を追いかける

【2017~2018】浜崎朱加─02─「次で終わりかもしれないし、5年後だって続けているかもしれない」

Ayaka Hamasaki【写真】とにかく流した汗は嘘をつかない──のだ (C) MMAPLANET

9人のファイター達が語る2017年と2018年、浜崎朱加の足跡と一里塚─後編。

実績として日本の女子MMA界で最高の結果を残している。しかし、体格の問題もありUFC出場は事実上ならなかった浜崎の想いとは。

そして2018年の彼女は、どのように歩もうとしているのか。

<浜崎朱加インタビューPart.01はコチラから>


──実はですね……浜崎選手は最後に1試合RIZINで試合をして、応援してもらった人に雄姿を見せて引退、即結婚するという話が一部で聞かれているんです。

「アハハハハハハ。何ですか、その話は? 彼氏はいませんし、寿引退なんてありえないですよ(笑)」

──ある意味、そちらの方が幸せだと思っていたので……どう反応して良いのか(苦笑)。

「ただ、確かに恩返しはしたいです。何も返せていないので。応援してくださる人たちの前で最後は戦う。これまで米国で好き勝手やってきたから、そういう意味でTVを通してでも、会場で試合を見られない人にも自分の姿を届けたいという気持ちはあります。

そういうのって、どうなんだろうって思われるかもしれないけど……。私はもともと目立つことが好きじゃないし、TVとかに出たいと思うこともなかったです。でも、何も返せていないから、私……私の試合を支えてくれた人に試合を見てもらえる環境って何なのか考えると、そういうのも有りかなって」

──……。

「少し前までは気持ちの乗っていなかったし、そんな状況で試合をするのは見てくれる人に失礼だなっていう状況でした。どうしても、モチベーション自体、インヴィクタで世界戦を続けてきた時とは全く違っているし。

でも格闘技がやっぱり好きだし、それこそ応援してくれる皆がいるので頑張れて、また気持ちを持ち直してきた感じで」

──良いのではないでしょうか、そうやって戦ってもらえると。志と手段の問題です。でも、やはり次が最後だということですか?

「最後の1試合ではないです。あくまでも最後の舞台という意味合ですよ(笑)」

──それは良かったです。ところで、もうインヴィクタFCで戦うことや、アトム級王座のあるROAD FCで戦うこともないのでしょうか。

「ROAD FCは考えました。もう一本ベルトが欲しいなって(笑)。あとはインヴィクタFCとの契約をどうクリアにしていくのかってことですね。インヴィクタはやり甲斐もあったし、懸命に戦ってきたのですが……世界を獲って防衛も2度したので、もう米国ではやりつくしたなかって気持ちがあります。

次のステップというか、違う環境で戦おうと考えた時にロードであったり、日本かなと思うようになったんです。そういう中で想うようになってきたことがあって……」

──それは?

「MMAの世界チャンピオン……北米を舞台にして戦ってきた日本人選手で、世界チャンピオンは私しかいなかったじゃないですか」

──ハイ。

「日本人にも、MMAの世界チャンピオンになれる人間がいるんだというのを見せることができるのは、私しかいない。それが私の最後の仕事じゃないのかという気持ちになったんです。なので、私のビジョンは日本で試合をするという風になりました」

──日本で試合をする。TVで日本人でも世界チャンピオンになれるという姿を見せる。それはズバリRIZINということになります。つまり2018年に浜崎朱加はRIZINで戦うつもりでいるということですね。ただRIZINの女子で浜崎選手が融合できるのかという問題はあるのかとは危惧します。

「強い選手と戦いたい。この気持ちは戦う場所がどこになろうが変わらないです。それに後ろ向きの気持ちではないので。次の試合で終わるかもしれないけど、5年後だって続けているかもしれない。それぐらいの気持ちではいます!!」

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY