この星の格闘技を追いかける

【UFC100】ミラーがライト級サバイバルマッチを制す

2009.07.12

(C) ZUFFA■第5試合 ライト級/5分3R
ジム・ミラー(米国)
Def.3R終了/判定
マック・ダンジグ(米国)

【写真】勝ったミラーはサバイブに成功、大流血に見舞われたダンジグは3連敗となった (C) ZUFFA

それぞれ前回の試合でグレイ・メイナード、ジョシュ・ニアーに敗れているミラーとダンジグ。生存競争が激しいライト級で二連敗は避けたい。

左ストレートを伸ばすミラーが試合開始早々にテイクダウンを奪うと、フックガードのダンジグに対し、左パウンドを落としパスを狙う。ギロチンで抵抗したダンジグは、これを嫌がったミラーが首を引き抜くとガードからエルボーを当てていく。


果敢にテイクダウン狙いを続けるミラーのエルボーで、ダンジグが額をカット。右目じりから大量の流血を見せたダンジグは、ガードを強いられながら、エルボーを受け続け上半身を真っ赤に染めて1Rを終えた。

2R、果敢に前に出るダンジグを右で迎え撃つミラーは1Rと同様に、すぐテイクダウンに成功する。ケージ際に頭を固定させ、ミラーのエルボーが続く。パス狙いから、流血によってエルボー&カット狙いに専念するミラーだが、動きが少なくブレイクを命じられる。

ダンジグのハイキックにテイクダウンを合わせたミラー。これをギロチンで受け止めたダンジグだったが、ここでラウンド終了となり、初めての好機を逃がしてしまう。

最終回、左ボディから前に出ようとしたダンジグに、ミラーは右ローから右ショートを返していく。しかし、ミラーはパンチの連打でダンジグの重心を高くし、いとも簡単にテイクダウンを奪っていく。

スタンドに戻り、果敢に拳を振るうダンジグだが、ミラーの右フックを反対に受ける。またもテイクダウンされたダンジグは、ハイガードを見せるものの技を仕掛けるには至らない。

腰をコントロールしようとしたところで、ダンジグがアームロックを狙うが、ミラーはバックマウントを奪取する。リアネイキドチョーク狙いのミラーに、右腕を伸ばし体を入れ替えることに成功したダンジグは、残り20秒でトップを奪うことに成功したが、時すでに遅し。タイムアップとなり、ジャッジ3者ともに30-27を付け、ミラーがTUFシーズン6ウィナーのダンジグを下した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie