この星の格闘技を追いかける

【RFC45】1Rにダウンを奪われたKAI、逃げ切りモードのイム・ソヒを崩せず判定負け

<女子アトム級/5分2R>
イム・ソヒ(韓国)
Def.3-0
KAI(日本)

距離を取ってワンツーからミドル、サイドキックからワンツーを見せるソヒ。KAIに組みつかれると、KAIをケージに押し込んでヒザ蹴りを入れる。KAIが態勢を入れ替えてソヒを押し込んだところでブレイクとなる。

再開後、ソヒは前蹴りで距離を取りながらワンツー。KAIもソヒの右に右ストレートを狙うが、ソヒの右ストレートが立て続けにヒット。これでダウンを奪ったソヒがパウンドで追撃する。

亀になるKAIのバックを取るソヒだったが、KAIも足をフックさせずに立ち上がり、ソヒをケージに押し込む。互いに離れて打撃の攻防になると、KAIがパンチで前進。ソヒは首相撲からのヒザ蹴りで迎え撃つ。KAIはソヒをケージへ押し込み、このままラウンド終了となった。

2R、左の前蹴り・右ミドルで距離を取るソヒ。KAIが距離を詰めようとするとサイドキックで突き放し、KAIの前進に右ストレートやヒザ蹴りを合わせる。これをもらいながらも前に出るKAIだが、組みついてもテイクダウンは奪えない。

蹴りを交えて長い距離で戦うソヒと距離を詰めてパンチを振るKAI。組みの攻防でもテイクダウンを狙うKAIと首相撲からのヒザ蹴りを返すソヒと差はない。

前にこそ出続けるKAIだが、ソヒは右ストレート、ヒザ蹴り、ダブルレッグとKAIの前進に攻撃を合わせ続ける。有効な攻撃が少ないKAIも終盤に右のパンチを打ち込み、スタンドでソヒのバックにつくなど見せ場を作ったが時すでに遅し。1Rにパンチでダウンを奪われ、2Rはソヒの逃げ切りモードを崩せなかったKAIは判定負けを喫した。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN