この星の格闘技を追いかける

【HEAT41】計量終了 春日井たけし、ギリギリボディ。藤田は「年寄りの頑張り、励みにしてほしい」

Kerefov vs Kasugai【写真】春日井はキレキレでなく、ギリギリボディと呼びたくなる(C)MMAPLANET

明日23日(土)に名古屋市熱田区の愛知県武道館で開催されるHEAT41の公開計量が中区のダーツバーバカラで22日(金)に行われた。


01無差別級の藤田和之とHEATヘビー級王者イ・サンスは服を着た状態で体重を測り、フェイスオフ。藤田も関係者のみの計量ということもあり、イ・サンスを挑発することなく計量を終え、「今回はHEATにチャンスをいただき、この出会い、出来事を楽しみ感謝しています。今年を締めくくるよう精一杯頑張ります。こんな年寄りが頑張っているのを見て、励みにしてください」と意気込みを語った。

一方のイ・サンスは「藤田選手のことは、若い頃から試合を見てきたので尊敬していますが、明日はチャンピオンとして必ず勝ちます」とコメントした。

注目の日露対決、セミのフライ級マッチ=春日井たけしはリミット丁度、対戦相手のアザマット・カレフォフは100グラムオーバーだったが、春日井陣営がこれを認め再計量は行われなかった。水抜きで6キロ落とした春日井は疲労困憊の様子が見えたが、「相手はもっと落とせないかと覚悟していた」と計量後に本音も。

022度目のキックに挑むライカは今のフィーリングはというという質問に「フィーリング? 楽しみたいです。挑戦者のつもりでやらせてもらいます。ケージはあまり意識していないです」と話した。

そしてエンリケ・スギモトの欠場を受け、急遽出場することとなったANIMAL☆KOUJIの「好きなバナナは食べ物です」という一言は、前衛的過ぎて計量会場が静まり返っていた。

■HEAT41計量結果

<無差別級/5分3R>
藤田和之: 118.5キロ
イ・サンス: 118.0キロ

<フライ級/5分3R>
春日井たけし: 57.1キロ
アザマット・カレフォフ: 57.2キロ

<キック57キロ契約/3分3R>
ライカ: 57.3キロ
鈴木万李弥: 56.6キロ

<ヘビー級/5分3R>
HULK: 98.5キロ
チョン・ダウン: 100.1キロ

<ミドル級/5分3R>
ANIMAL☆KOJI: 83.5キロ
パク・ジョンヨン: 84.2キロ

<キック72キロ契約/3分3R>
TOMO: 72.2キロ
ヘナン・マサ: 71.7キロ

<フライ級/5分3R>
山本聖悟: 56.9キロ
クラウディオ・ルーカス: 55.9キロ

<キック57キロ契約/3分3R>
一仁: 57.3キロ
ヘンリー・セーハス:57.4 キロ

<キック63キロ契約/3分3R>
安川侑己: 63.0キロ
増井侑輝: 63.1キロ

<NEWAGEキック・ウェルター契約/2分3R>
ヒマラヤン・チーター: 69.9キロ
ねぎ魔人: 68.6キロ

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie