この星の格闘技を追いかける

【UFC100】公開計量終了、アキヤマーッの声が鳴り響く?

2009.07.11

【写真】ミアとの初対戦時(UFC81)と同じ265ポンドで仕上げてきたレスナー。両者の体重差は約9キロとなった (C) ZUFFA

いよいよ11日(土・現地時間)に迫ったUFC100。10日(金・同)に大会会場となるラスベガスのマンダレイベイ・イベントセンターでは公開計量が行われた。

会場が一番沸いたのはレスナーの計量時。ただし、対戦相手が地元のフランク・ミアということもあり、一部からはブーイングも起こっていた。純粋な声援という部分での一番人気はGSP、続いてダン・ヘンダーソンか。特にGSPとダン・ヘンの対戦相手チアゴ・アウベス&マイケル・ビスピンには大きなブーイングが送られた。

念願のタイトル挑戦を果たしたアウベスは、ナーバスになっていたが、その他のファイターはある程度の緊張間を漂わせ、集中しているという様子だった。


また、UFC初登場となる秋山成勲、対戦相手のアラン・ベルチャーとも落ち着いた雰囲気のなかでUFCファンに迎えられた。日本語で「アキヤマーッ」と連呼する女性の声も聞かれ、声の方向に向かってニヤリと不敵な笑みを見せたが、その強心臓ぶりを初オクタゴンでも見せ続けることができるか。楽しみな一戦となる。

大盛況のファンエキスポの影響もあり、チケットは早々に売り切れており、MGMで行われるクローズドサーキットもフルハウスになることが予想されるなど、空前の盛り上がりを見せている。

■UFC100 計量結果は下記の通り

<UFC世界ヘビー級王座統一戦/5分5R>
[王者]ブロック・レスナー:265ポンド(120.2キロ)
[暫定王者]フランク・ミア:245ポンド(111.1キロ)

<UFC世界ウェルター級選手権試合/5分5R>
[王者]ジョルジュ・サンピエール:170ポンド(77.1キロ)
[挑戦者]チアゴ・アウベス:170ポンド(77.1キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ジョン・フィッチ:170ポンド(77.1キロ)
パウロ・チアゴ:170ポンド(77.1キロ)

<ミドル級/5分3R>
ダン・ヘンダーソン:185ポンド(83.9キロ)
マイケル・ビスピン:186ポンド(84.3キロ)

<ミドル級/5分3R>
秋山成勲:185ポンド(83.9キロ)
アラン・ベルチャー:186ポンド(84.3キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
マーク・コールマン:205ポンド(92.9キロ)
ステファン・ボナー:205ポンド(92.9キロ)

<ライト級/5分3R>
マック・ダンジグ:154ポンド(69.8キロ)
ジム・ミラー:155ポンド(70.2キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ジョン・ジョーンズ:206ポンド(93.3キロ)
ジェイク・オブライエン:206ポンド(93.3キロ)

<ウェルター級/5分3R>
キム・ドンヒョン:171ポンド(77.4キロ)
TJ・グラント:170ポンド(77.1キロ)

<ミドル級/5分3R>
CB・ダラウェー:186ポンド(84.3キロ)
トム・ローラー:184ポンド(83.5キロ)

<ライト級/5分3R>
マット・グレイス:155ポンド(70.2キロ)
シャノン・グジェルティ:156ポンド(70.6キロ)

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie