この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX26】ペリーのパンチに打ち負けず、6連勝のボンジニビョが暫定王座戦を求める

<ウェルター級/5分3R>
サンチアゴ・ポンジニビョ(アルゼンチン)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
マイク・ペリー(米国)

激しい打撃の交換が予想された一戦は、間合いの測り合いが続き、ペリーの前進をポンジニビョがしっかりと見る展開に。ローからハイを蹴ったポンジニビョの耳の辺りにペリーのパンチが当たり腰が落ちる。すぐに立ち上がったポンジニビョは左フックを被弾し左ジャブを多用するようになる。

左フックから右を当てたペリーは、飛び込んで右フック。そのまま左を振るうもスピニングバックフィストで後方から押された形になりペリーが姿勢を崩す。すぐに立ち上がり、向かい合ったペリーがローに左ジャブを当てる。ここから大きな打撃の交換はなく、初回はペリーが取った。

2R、ポンジニビョのローに対し、ペリーはサイドキック。そのペリーが右目を気にする仕種を見せ、ポンジニビョは強烈なローの直後の右ハイキックをキャッチされる。ペリーはテイクダウンに拘らず、打撃戦を挑み左フックをヒットさせる。追いかけてパンチを当てるペリーは、組んでボディロックからテイクダウン。ポンジニビョが胸を合わせると、離れる。ポンジニビョは下がりながらワンツーを入れ、ペリーは伸び上がるようなアッパーが空振りに。そしてローで姿勢を乱す。

右に右を当てたポンジニビョが、前に出て左右のフックを打ち込む。肩で息をするようになったペリー、ポンジニビョは左フックをアゴに入れてケージに詰まったペリーを追い込む──と思いきや、ペリーは下がらず前に出て来る。そこに回転バック拳、右ローからフックでラッシュをかけたポンジニビョ。ペリーも右を当てて前に出るが、ポンジニビョが左を当ててラウンドを取り返した。

3R、ペリーが左ジャブを当て、左ミドル。ポンジニビョはローを見せ、左ジャブから右ストレートを入れる。左をヒットし前に出てきたペリーだが、スピニングバックフィストで倒され立ち上がったところでテイクダウンを許す。立ち上がり際にしっかりとテイクダウンを取り返したポンジニビョが、バックを狙うも滑って逆にペリーがバックへ。

すぐに離れたペリーだが、残り100秒でポンジニビョがテイクダウンに成功する。ハーフから煽ってきたところでパンチを入れ、正対されてもワキにパンチを落としていく。ギロチン狙いから最後の20秒はパンチ、蹴りを見せたポンジニビョは、ペリーの反撃には両手を広げ、間合いを外してタイムアップを迎えた。

ジャッジ3者が29-28をつけた勝利で6連勝を達成したポンジニビョは「僕はファイター。誰とでも戦う。タイロン・ウッドリーが負傷中なら、今夜のメインのウィナーと暫定王座決定戦を戦わせてほしい。プリーズ」と一気にまくし立てた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie