この星の格闘技を追いかける

【Pancrase292】ISAO強し、テイクダウン&コントロールと打撃の融合で粕谷を完封

<フェザー級/5分3R>
ISAO(日本)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
粕谷優介(日本)

サウスポー同士の構えからISAOが右、そして左を入れる。粕谷はロー、前蹴りを見せる。粕谷の左ローにISAOがテイクダウンを合わせる。すぐに粕谷が立ち上がるが、ここでISAOがアイポークがあったとアピールし試合が中断する。再開後、右ジャブを当てた粕谷にISAOが左フックを打ち込む。粕谷も左を返すが、ISAOが一気にテイクダウンに成功する。

蹴り上げから立ち上がり際にバックを取ったISAOが後方から勢いのあるパンチを打ち込む。腰にヒザを打ちつけたISAOが、ここで2度目のテイクダウンを決める。足を払って鉄槌を落とすISAOは粕谷に足を触らせないポジションを徹底して取る。残り40秒で腰をずらして立ち上がった粕谷が右ミドル、左ロー、ISAOが右ミドルを蹴る。粕谷の左ローでラウンド終了となり、ISAOが取った。

2R、ISAOが右ローを蹴り、粕谷のローは空振りに。両者、近距離でパンチを打ちあうとISAOが粕谷をケージに押し込み右エルボーを2発入れる。さらにヒザを続け、左エルボーを打ち込んだISAOが左ヒジをボディに突き刺す。体を入れ替えられても、即押し込み返したISAOのヒザ攻撃が続く。と、粕谷のヒザ蹴りが急所に入り試合が止まる。

放れてリスタートとなり、ISAOが左から右を当てる。ISAOはダブルレッグを切られるが、落ち着いて粕谷の前進に右を合わせる。右ハイに続く、右ミドルをキャッチしてテイクダウンしたISAO。粕谷はセコンドの立てという声にも背中をマットにつける。ケージを背に立ち上がった粕谷だが、金網に詰められた状態が続きこの回もISAOが3票を集めた。

最終回、ジャブを打ち合うと、粕谷の入り際にシングルをISAOが決める。キムラを仕掛けた粕谷の立ち上がり際にヒザを入れるISAOは、離れてからも左ストレートを当てていく。ISAOのローで前方に崩れながらもISAOがシングルレッグを決める。ケージを背にした状態を打開できない粕谷に対し、ISAOはエルボーを入れて離れる。

残り2分、粕谷は左の蹴りをニータップのような形で倒され、潜りにも右ワキを制して潰す。フルガードに戻した粕谷にパンチとエルボーを落とすと、粕谷が起き上がってもがぶって潰し、ケージ際でパンチを集中させる。直後にタイムアップとなり、最後まで粕谷を完封したISAOがフルマークの判定勝ちを決めた。


PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN