この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC26】計量終了 マッケンジー・ダーンは減量成功、ノヴァエスが3キロオーバー!!!!

Invicta FC26【写真】マッケンジーは安堵の笑みか。そしてノヴァエスは…… (C)INVICTA FC

7日(木・現地時間)、8日(金・同)にネヴァダ州ラスベガスのパーク・シアターで開催されるInvicta FC26「Maia vs Niedzwiedz」の本計量後にパブリック計量及びフェイスオフが行われた。


既に本計量を終えて、パブ計量のステージに登壇した出場選手たち。メインで世界フライ級王座防衛戦を戦うジェニファー・マイア、挑戦者のアグニシュカ・ニエズビッチはともに問題なく計量をパス。そして、メイン以上に注目を集めているマッケンジー・ダーンは115.9ポンドのコールとともに両手でハートのマークを作り、第一関門突破に笑顔を見せた。

フェイスオフ後の撮影時にはサウスポーから、対戦相手のケイリン・メデイロスと向き合えるようにオーソに構え直したマッケンジーだが、メデイロスは気にせずオーソのままかつ真正面を向かないKY振りを発揮した。

今回の計量はメインとセミ出場ファイターに計量失敗はなかったものの8試合中4試合で一方のファイターが計量失敗という結果に。1ポンド規定より0.3ポンド重かったアンバー・ブラウンは硬い表情で「キャッチウェイトになった」というコール時には一瞬顔を引きつらせる。2.6 ポンドオーバーのエイミー・モンテネグロは終始無表情、同じく2.6ポンド重かったヴァネッサ・ポルトは撮影時にはやや笑顔を見せる。

そしてパンクラス出場経験もあるキンバリー・ノヴァエスは、緩いボディで何と6.8ポンド=3キロ以上のオーバー。にも関わらず、よほど神経が図太いのか減量失敗に対して罪悪感を持たないのか、満面の笑みを浮かべてパブ計量を終えていた。

■ InvictaFC 26計量結果

<Invicta FC世界女子フライ級選手権試合/5分5R>
[王者]ジェニファー・マイア: 123.3ポンド(55.92キロ)
[挑戦者] アグニシュカ・ニエズビッチ: 124.6ポンド(56.51キロ)

<ストロー級/5分3R>
マッケンジー・ダーン: 115.9ポンド(52.57キロ)
ケイリン・メデイロス: 115.8ポンド(52.52キロ)

<ストロー級/5分3R>
キンバリー・ノヴァエス: 121.8ポンド(55.24キロ)
ジャナイザ・モランディン: 115.4ポンド(52.34キロ)

<フライ級/5分3R>
ヴァネッサ・ポルト: 127.6ポンド(57.87キロ)
ミラナ・ドゥディエヴァ: 125.6ポンド(56.97キロ)

<ストロー級/5分3R>
エイミー・モンテネグロ: : 117.6ポンド(53.34キロ)
ヴィルナ・ジャンジローバ: 114.3ポンド(51.84キロ)

<アトム級/5分3R>
アンバー・ブラウン: 106.3ポンド(48.21キロ)
テッサ・シンプソン: 105.4ポンド(47.8キロ)

<フライ級/5分3R>
クリスティーン・フェレア: 125.7ポンド(57.01キロ)
カリーナ・ロドリゲス: 124.7ポンド(56.56キロ)

<ストロー級/5分3R>
ケイ・ハンセン: 114.4ポンド(51.89キロ)
エミリー・プリンス: 115.5ポンド(52.38キロ)

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie