この星の格闘技を追いかける

【TUF26】攻められる場面もあったがオマーリーが、ウェアに判定勝ちでUFCデビュー飾る

<バンタム級/5分3R>
ショーン・オマーリー(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
テリオン・ウェア(米国)

Dana White’s Tuesday Night Contender Seriesで大いに注目されたオマーリーのUFC初戦。まず右ローを蹴ったウェア。オマーリーは後ろ回し蹴りを見せる。蹴りのまま構えを変え、また戻し左ミドルを2発入れたオマーリーが左ジャブを見せて真横にステップを踏む。ウェアは距離を詰め両ワキを差してオマーリーをケージに押し込む。

離れたウェアの右ハイをブロックし、左右のフックに続き右ハイをオマーリーが繰り出す。続いてサウスポーから左ハイを狙い、オーソでワンツー。サウスポーでは左ストレートを当てる。ウェアが粗めのフックで前に出てくると、オマーリーは足払いで転がす。立ち上がりを待って右フックを当てたオマーリーは最後にシングルレッグを狙うも決まらず。得意の翻弄ファイトを繰り広げたオマーリーのラウンドとなった。

2R、オマーリーが左ジャブ、ウェアのジャブはヘッドスリップでかわしてジャブを続ける。サウスポーにスイッチして右ジャブを当て、右ハイを狙うオマーリーだが、ウェアも下がらず前に出てパンチを振るっていく。ダックでかわしていたオマーリーが右を被弾して真っ直ぐ下がると、首相撲からヒザ蹴りを連打される。

さらに左を受けて下がるオマーリーだが、左ストレートを返す。ならばとウェアは右フックを当て、圧力を強める。オマーリーもパンチを当てるが、下がるシーンが多くなる。ウェが右ストレートを入れ、鼻血を流すオマーリーが自らの左ハイでバランスを崩してマットに背中をつける。

立ち上がったオマーリーは右ストレートをまたも被弾する。それでもワンツーを返したオマーリーは攻め疲れたが見えるウェアに飛びつき三角、凌がれるとヒールを狙う。ここもウェアが防御し試合は最終ラウンドへ。

ジャブでウェアを引き離そうとするオマーリーが、スピニングバックキックから左ストレートをヒットする。顔面、ボディとパンチを被弾するウェアは首相撲を外して右を当てる。左ハイを返し、続いて左フックを打ち込むなど勢いを取り戻したオマーリーは、ヘッドスリップとダッキングでパンチをかわし、ウェアの前進にスピニングバックキックとスピニングバックフィストの連係、そして左ストレートを狙う。

残り90秒、組みにいったウェアは逆にダブルレッグでテイクダウンを許す。立ち上がり際に右ミドルを当てたオマーリーが、右腕を差してテイクダウンを奪うとエルボーを打ち、ダースチョークへ。これはすっぽ抜け、スクランブルでバックを許すが、胸を合わせ離れると最後にもう一度、差し上げテイクダウンを決めた。

即トップではなく、将来に向けて可能性を示したファイトで判定勝ちのオマーリーは、「タフファイトになることは分かっていた。KOを狙ったけどね。テイクダウンで勝ちに行った。ここがスタート、次はベガスでもPPVショーで戦いたい」と話した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie