この星の格闘技を追いかける

【TTF Challenge 07】今成正和とグラップリングでドロー、世羅智茂―02―「一段ずつ上がっていく」

Sera【写真】今成からバックマウントを奪取し、RNC&腕十字を狙っていった世羅(C)KAORI SUGAWARA

10月9日(月)に東京都練馬区ココネリ・ホールで開催されたTribe Tokyo Fight Challenge 07のグラップリングマッチで今成正和と引き分けた世羅智茂インタビュー後編。

ノーギ&ヒール有りという試合で、その道のスペシャリストとの戦いを経験した世羅が今後、目指す場所とは。

<世羅智茂インタビューPart.01はコチラから>


――世羅選手の柔術のイメージは動き続けること、動かしてバックを取るスクランブル的柔術という印象があります。

「特にそこを狙っているわけではなく、自然とそうなってしまいます」

――そこをついて今成選手もカウンターで何か狙うかのような餌を巻いているように感じましたが、一気にバックをとることできました。

「結構、大きくワキを開けてくれていたのですが、何かを狙っているのだろうとは思っていました。今からすると、カニバサミ系の動きだったかもしれないですね。ワキが開いていたから差してバックに取れたので、そこは反応の差だったかもしれないです」

――時間切れドロールールだと、ポジションを取っても勝ちはなく一本が必要でした。

「バックチョークには拘って狙っていたのですが、守りが堅くて取り切れなかったです。そこも練習はしていて手首が喉仏に入りかけたのですが、先に進めなかったです」

――取れなかったことはやはり悔しい?

Sera Armbar「取り切れなかったこともありますし、もう少し早く腕十字とかトライしたかったです。今成選手も分かって対処してきたので、10分1Rだとどうしてもバックを取るとああいう風になってしまいますね。

5分×2Rだったら、初回の最後に狙ってまた2Rから仕切り直しということで、途中で山ができます。ただ今日のルールだとああいう風に手堅く終わってしまいました」

――とはいっても、ドローとはいえポジションを取ったことは収穫ではないですか。

「いや、そこに価値はないです。ルールは一本決着ですから、ポイントがない戦いでバックマウントを取ったから自分が優位だとは思っていないですし。柔術ルールなら僕が勝っていたとかは本当にないです。取り切れなかったからドロー、そういうことでしかないです」

――では足関節を取られなかったことに関しては?

「そこは少し嬉しいです。今成選手の本気の足関節を体感できたのは大きいです。今成さんとはあまり普通の柔術大会では対戦できないですし、皆、今成さんとはやりたくないと思っているはずです(笑)。そういう意味でも、振り返ってみて楽しかったです」

――口調からも、そのような気持ちが伝わってきているような気がします。

「応援に来てくれた皆さんにはドローで申し訳ないという気持ちはありますが……。ただ、世界的に有名な今成さんと肌を合わすことができたのは大きいです。ああいうスタイルで戦う人はいなかったですし」

――今後、柔術の方ではどこを目指していくのでしょうか。

「いきなりムンジアル優勝とか入賞と言えるレベルではないので、ヨーロピアンとか国内では全日本やアジアで入賞、優勝できるようになりたいです」

――ポイントを集めてムンジアル出場も狙いますか。

「ハイ。ポイントを貯めるようにしていきます。優勝云々とは口にできないですが、そこを目標に一つずつやれることからやっていきたいです。そして一段ずつ上がっていければと思います」

――さきほど口にしていました全日本、アジアと取り切れなかったです。

「なぜだったのか、そこは分かっているので自分のレベルを見て、一つずつ上がっていきます。世界王者になるとか、まだ言えないので。今、100パーセント格闘技ができる環境なので、充実というか毎日が濃いです。

大学を卒業後は就職して柔術を続けてきたのですが、今は当時と比べて遥かに濃い日々を送らせてもらっています。濃い毎日が嬉しいです。薄くて詰まらない日々よりも」

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie