この星の格闘技を追いかける

【Bellator】ミアー、モー、ソネン、ミトリオン、ネルソン、皇帝、ランペイジ、ベイダーでヘビー級GP

Bellator Heavyweigh GP【写真】バリューのある選手を集めた (C)BELLATOR & MMAPLANET

13日(月・現地時間)、Bellatorより来年に8人制のヘビー級GPトーナメントを開催し、勝者が現在空位のベラトール世界ヘビー級王者に就くこと、そしてトーナメント出場メンバーが発表された。


ベラトールの世界ヘビー級王座はヴィタリー・ミナコフが2016年5月に王座剥奪となる以前から、ベラトールを離れてロシアを主戦場にするようになったため、タイトル戦は2014年4月から行われていなかった。

この空白期間を埋める王座決定トーナメントの出場選手はフランク・ミアー、キング・モー、チェール・ソネン、マット・ミトリオン、ロイ・ネルソン、エメリヤーエンコ・ヒョードル、ランペイジ・ジャクソン、そして現世界ライトヘビー級王者ライアン・ベイダーの8名となった。

元UFC世界ヘビー級王者ミアーを初め、8人の出場選手中6名がUFCからの移籍組。とはいってもベラトールの母体であるバイアコムは、米国にMMAを定着させてのはSpike TVという強い自負があり、自分たちが売り出したファイターをもう一度呼び戻しているという感覚がある。

そして、UFCヘビー級戦線で活躍していたファイターは前述したミアー、ミトリオン、ネルソンの3名で、ヒョードルを加えても純粋ヘビー級は4名。残りはミドル級、ライトヘビー級で戦ってきた選手達だ。

そして現時点での年齢でいえばベイダーだけが35歳以下(※34歳)で、他の選手は全てオーバー35で、最年長はヒョードルとネルソンの41歳。8人の平均年齢は38.5歳という高齢トーナメントとなる。かつてスコット・コーカーはStrikeforce時代もヘビー級GPを開催しており、ファブリシオ・ヴェウドゥムやアリスター・オーフレイム、ダニエル・コーミエーをスターダムに押し上げた実績を持つが……。

優勝まで3試合が必要な8人制トーナメント。その開催日時と開催地は後日、発表されるとのことだ。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie