この星の格闘技を追いかける

【UFN121】試合結果 計量失敗ウィナーが4人……メインではヴェウドゥムが新鋭ティブラを下す

UFN121【写真】体重超過が目立った大会のメインで、しっかりと判定勝ちを収めたヴェウドゥム(C)Zuffa LLC/Getty Images

18日(日・現地時間)、豪州シドニーのクードスバンク・アリーナでUFC Fight Night121「Werdum vs Tybura」が開催され、メインでファブリシオ・ヴェウドゥムがマルチン・チブラを5R判定で下した。

そのメインイベントをはじめ、メインカード6試合が判定決着となった今大会。しかも、第10試合のジェイク・マシューズ×ボヤン・ベリチコビッチから第11試合のベラル・モハメッド×ティム・ミーンズ、そしてコ・メインのジェシー・ローズクラーク×ベック・ローリンズまで3試合連続でスプリット判定が続く過去に例のない大会となった。

また今大会は計量失敗が続出、上記のジェシー・ローズクラーク、ライアン・ベノイ、フランク・カマチョ、ナディア・カッセムの4選手が体重を落とせず、キャッチウェイト戦となった試合でこの4名が揃って勝利するなど、看過できない状況となっている。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=ダミアン・ブラウン×フランク・カマチョ(※体重超過のカマチョは対象外)
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=タイ・ツイバサニック・レンツ


UFC Fight Night121「Werdum vs Tybura」
<ヘビー級/5分5R>
○ファブリシオ・ヴェウドゥム(ブラジル)5R
判定
詳細はコチラ
×マルチン・ティブラ(ポーランド)
<128ポンド契約/5分3R>
○ジェシー・ローズクラーク(豪州)3R
判定
詳細はコチラ
×ベック・ローリンズ(豪州)
<ウェルター級/5分3R>
○ベラル・モハメッド(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ティム・ミーンズ(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○ジェイク・マシューズ(豪州)3R
判定
詳細はコチラ
×ボヤン・ベリチコビッチ(セルビア)
<ミドル級/5分3R>
○アライアス・セオドロ(カナダ)3R
判定
詳細はコチラ
×ダニエル・ケリー(豪州)
<150ポンド契約/5分3R>
○アレックス・ヴォルカノフスキー(豪州)3R
判定
詳細はコチラ
×シェーン・ヤング(ニュージーランド)
<129ポンド契約/5分3R>
○ライアン・ベノイ(米国)3R2分38秒
KO
詳細はコチラ
×アシュカン・モクタリアン(豪州)
<ライト級/5分3R>
○ニック・レンツ(米国)2R2分05秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
×ウィル・ブルックス(米国)
<ヘビー級/5分3R>
○タイ・ツイバサ(豪州)1R4分35秒
KO
詳細はコチラ
×ラシャド・コールター(米国)
<160 ポンド契約/5分3R>
○フランク・カマチョ(北マリアナ諸島)3R
判定
詳細はコチラ
×ダミアン・ブラウン(豪州)
<120 ポンド契約/5分3R>
○ナディア・カッセム(豪州)3R
判定
×アレックス・チェンバース(豪州)
<フライ級/5分3R>
○エリック・シェルトン(米国)
3R
判定
×ジェネル・ラウサ(フィリピン)
<ヘビー級/5分3R>
○アダム・ビチョレク(ポーランド)
3R
判定
×アンソニー・ハミルトン(米国)
PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie