この星の格闘技を追いかける

【JBJJF】第10回関西柔術選手権で、関根秀樹が2階級制覇

Open podium【写真】ダブルゴールドの関根。止まる、休むという文字は関根の辞書にはない(C)JBJJF

5日(日)大阪市中央体育館柔道場で日本ブラジリアン柔術連盟(JBJJF)主催の第10回関西柔術選手権が開催された。節目の10回大会で注目を集めたのは、ブラジリアン柔術の大会だけではなく、プロ格闘家としてMMAにも挑戦している関根“シュレック”秀樹。関根はアダルト黒帯ウルトラヘビー級、オープンクラスの二階級を制した。
Text by Takao Matsui


Ultra Heaby Final【黒帯ウルトラヘビー級】
初戦で関根は、吹田柔術の原晃と対戦した。原の引き込みに対して、トップを取ろうとする関根。すかさず原は、ベリンボロの動きを見せて立ち上がりリバーサルの2ポイントを先取した。トップから攻める原は、アンクルホールドへ移行。関根は回転してディフェンスすると、原の左袖を持ってコントロールする。

さらに右襟を掴んでガードポジションから右袖に持ち替えると、オモプラッタを仕掛ける。これが外れると、そのままアンクルホールドへ。捻ったところでタップが入り、関根が一本勝ちを収めた。

もう一つの一回戦は、畑田チアーゴと伊東元喜との顔合わせに。一本背負いを決めた伊東は、テイクダウンの2ポイントを先取。そのまま場外へ出たため、中央からスタンドで再開される。引き込みに成功した畑田は、ボトムから襟を握ってコントロールしようとするが、伊東はこれを切ってスタンドでの再開となる。それでも引き込んだ畑田が、スイープを仕掛けるが、ここは伊東が反応しアドバンテージ止まりに。

一旦立ち技に戻るも、畑田がガードを取ってスイープを決めて2ポイント返す。ここからは上攻めを見せた畑田は、パスガードの3ポイントを加算する。試合がスタンドに戻り、ダブルレッグを仕掛ける伊東に対して、反応する畑田。ならばと引き込んだ伊東は、三角絞めを狙うが防がれる。なんとかスイープを成功させた伊東だが、パスガードの奇数得点は大きく、畑田が決勝進出を果たした。

決勝戦は、関根と畑田の顔合わせとなった。畑田は、関根のパワーを警戒しているのか、なかなか組み付かずに回る。なかなか攻防が生まれないため、両者へルーチが与えられた後、襟を掴んだ関根は足払いで崩しにかかる。そこでタイミングで畑田が引き込み、引き込む。関根がトップから攻めようとしたところで畑田が立ち上がり、試合はスタンドへ戻る。立ち組みの攻防から、関根は巴投げを狙う。これは決めきれず、即スタンドへ。

前へ出る関根に対して、下がってディフェンスする畑田。ここで関根の体落としが決まり、テイクダウンの2ポイントを先取する。畑田のハーフガードを越えた関根は、さらにニーオンザベリーの状態とを取り、計5ポイントを奪い、7-0でリード。引き続きさらにニーオンザベリーやパスガードを決めて大量リードとなった関根が、そのまま頂点に立った。

Open Sekine vs Ito【黒帯オープンクラス】
ウルトラヘビー級に参戦した関根、畑田、原、伊東の4人がこのクラスにエントリー。まず一回戦で、これまで何回も対戦経験のある関根と伊東の顔合わせとなった。関根の巴投げに反応した伊東は、回り込んでトップから抑え込む。関根は体を少しずつ動かしながらバックを狙うが、伊東は反転してこれを許さない。

片足を抜いてパスを狙いたい伊東、関根はハーフガードを解除してガードポジションの体勢へ動く。これを越した伊東は、一瞬サイドにつくが関根は回転して帯を取って逃げる。ポイントは入っていないまま両者、立ち上がりスタンドで関根が背負い投げ。

すわした伊東は、引き込みへ。アキレス腱固めを狙った関根に対して、伊東は立ち上がってディフェンスする。

立ち技の攻防が続き、関根が引き込んでスイープを成功させ2ポイントを奪った。すぐに試合はスタンドに戻ると、関根はディープハーフの体勢を取り、スイープからバックに回ることに成功し絞めを狙う。ここでタイムアップとなり、関根が8-0で決勝へコマを進めることとなった。

もう一つの一回戦は、畑田の棄権で原の不戦勝となり、決勝戦は関根と原のマッチアップとなった。アドバンを献上しながらも引き込んだ関根は、ベリンボロからスイープを狙うと、原はアンクルホールドで対応する。足関節を回転して防いだ関根は、直後にリバーサルのポイントを獲得する。ここあらパスを狙う動きで、アドバンテージを関根が加算される。

やがて関根はパスガードを決めて5-0とリードする。さらにニーオンザベリー、バックマウントとポイントを重ねた関根が、最後はRNCで一本勝ちし2階級制覇と成し遂げた。

■第10回関西柔術選手権 主なリザルト
【団体表彰】
優勝 グレイシーバッハ
準優勝 吹田柔術
3位 パラエストラ東大阪

アダルト黒帯ウルトラヘビー級
優勝 関根“シュレック”秀樹 (ブルテリアボンサイ)
準優勝 畑田チアーゴ(IMPACTO JAPAN B.J.J)
3位 原晃(吹田柔術)
3位 伊東元喜(柔専館)

アダルト黒帯オープンクラス
優勝 関根“シュレック”秀樹 (ブルテリアボンサイ)
準優勝 原晃(吹田柔術)
3位 伊東元喜 (柔専館)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie