この星の格闘技を追いかける

【Arzalet FGC02】バーボールホーが3R開始に応じられず、パウンドで削った藤巻優がTKO勝ち

<ライト級/5分3R>
藤巻優(日本)
Def.2R終了時by TKO
ジョナサン・メテデス・バーボールホー(ブラジル)

ジャブを伸ばし間合いを図る両者。藤巻がテイクダウンのフェイントから右を当てると、バーボールホーが尻餅をついてダウンする。トップを維持しようとした藤巻、バーボールホーが起き上がってきてリーバサル。藤巻もすぐに立ち上がる。大振りのフックを繰り出すバーボールホーに対し、藤巻は左ボディストレートを入れて、ニータップの要領でプッシュ。バーボールホーはスピニングバックフィストも空振りに。

とバーボールホーがジャブからダブルレッグでテイクダウンを奪い、立とうとする藤巻の足を束ねていく。一度は立ち上がった藤巻だが、足を掛けられて尻餅をつかされヒザ立ち状態に。それでもケージを背にしてスタンドに戻った。

2R、左ボディフックを繰り出す藤巻。バーボールホーは右オーバーハンド、そしてスーパーマンパンチを狙う。藤巻はジャブを当て距離を詰めると、左ボディフックに続き左ストレートをヒットさせる。直後にシングルに出たバーボールホーに対し、後方回転からトップを取ろうとした藤巻は足関節を仕掛けられる。落ち着いてベースを作り、足を抜いてパウンド、鉄槌を連打する藤巻。バーボールホーは頭を抱えて動かなくなるが、足を戻してくる。

起き上がり左右のパンチを落とす藤巻が、左ヒザをついた状態で思い切り右の拳を打ち下ろす。藤巻の手首を掴んで防御するバーボールホーが腰を切って腕十字。起き上がった藤巻は、右腕が伸び掛かっていたが時間まで耐えきった。

インターバル中、座り込んで戦意喪失気味のバーボールホーは試合開始に応じず、藤巻のTKO勝ちが決まった。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie