この星の格闘技を追いかける

【TTF Challenge07】小蒼に勝利した上久保周哉─02─「色々な練習をやっていて良かった」

Syuya Kamikubo【写真】この勝利を次にどう生かせるのかも大切になってくる (C)KAORI SUGAWARA

9日(月)、東京都練馬区ココネリ・ホールで行われたTribe Tokyo Fight Challenge 07で、小蒼卓也に判定勝ちした上久保周哉インタビュー後編。

負傷欠場期間中にMMAを戦い、練習することの楽しさを再発見したという上久保の喜びに満ちた声をお届けしたい。
<上久保周哉インタビューPart.01はコチラから>


──練習して来た事は試合に活かせましたか。

01「今日の足関の攻防は柔術で遊びの打ち込みで試しながら、『試合でこういうことをしてみたいな』と思っていました。グラップリングマッチに出ていた今成(正和)さんもハニートラップに出稽古に来ているので今成さんに教わったり、足を極められたりしながら覚えました。

青木(真也)さんに足関を仕掛けて返り討ちにあったり、たくさん教えてもらいながら色んな練習をしています。あの攻防も試合前のアップをしながら『今成ロールしてみたいな』と遊びでやっていたのを試合中に思い出したんです。今日の試合には日常が出た気がします。

例え遊びででも、それをやっていなかったら取られていたかもしれないですし、あの攻防が何もないものになっていたかもしれない。打ち込みを遊びでも受けてくれる周りの会員さんとか出稽古の人たちのおかげですね。色々な練習をやっていて良かったです」

──試合中は動きづらいポジションなどでも細かい打撃を入れるなど、丁寧に自分の試合展開を作っていましたね。

「そうですね。柔術やグラップリングを丁寧に練習して来ました。どちらも一か八かで技が極まるのではなく、正しい手順でやることによってポイントや一本になります。練習ではやられてもいいので打ち込みでやったことを試します。正しく出来なければ相手にやられてしまいますから、出来なかった理由も考えます。

試合では正しいことを如何に丁寧にやるかを意識しながら、膠着してしまった時はセコンドの声を聞いて練習したシチュエーションを思い出しつつ戦っていました。周りの強い人達に教えてもらったおかげで頑張れました」

──勝ちへの拘りが感じられました。

02「今日の試合は一生懸命やって練習の成果を出すという点では頑張ったと思っています。プロとして観客が面白い試合だったかというと、ちょっとわからないですね。試合順が前の人たちはみんな頑張ってフィニッシュしていたのですが、自分は勝ちに徹してしまいました。

結果的に勝てれば良いかなという感じで、自分のやりたいことを好きにやらせてもらいましたね。とにかくどんな形でも自分の手が上がれば、出来たら一本勝ちが良いなあと思っています」

──これからどのような選手を目指して行きますか。

「理想は打撃も寝技もできる全部出来る選手です。打撃も好きですけど、柔術もグラップリングも好きなので、比重はそっちによってしまうかなと思います。相手が自分の映像を見た時に『全部できる選手』と思ってもらえるのが理想です。

まだまだ弱いですけど、目指すところはUFCです。UFCにステップアップする為には日本で強くならなければいけないし、海外の団体で経験をする事も絶対に必要と思っています。ベラトールやPXCに出ている選手も強いしカッコいいじゃないですか。海外の団体で場数を踏んで行きたいです」

──では、上久保周哉を今回の試合で知ったファンにメッセージをお願いします。

「柔術やグラップリングの試合にも出し惜しみをせず出て行こうとは思っています。上久保周哉と言う選手を覚えて、今後も応援してもらえたらと思います。今日はありがとうございました」

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie