この星の格闘技を追いかける

【GRANDSLAM06】所英男と伊藤盛一郎がグラップリングマッチで対戦

Tokoro vs Ito【写真】昨年10月にグランドスラム05の公開練習の際に展開されたノンストップアクションが、真剣勝負で見られる(C)MMAPLANET

10日(火)、グランドスラムからのリリースにより29日(日)に東京都新宿区のGENスポーツパレスで開催されるGLANDSLAM06において、所英男×伊藤盛一郎のグラップリングマッチが組まれることが発表された。


所は2014年7月のグランドスラム第1回大会のメインイベンターを務めた後、BellatorとRIZINを主戦場にしつつ、昨年の第5回大会で大澤茂樹とグラップリングマッチで恩返し出場しており、2大会連続で組み技マッチに臨むこととなった。

対する伊藤はそのグランドスラム05のメインで内藤頌貴との激闘を制し、RIZIN出場を果たしている。17歳の年齢差がある練習パートナー対決、両者とも年末大会への出場を視野に入れている状況下、ライト級&グラップリングながら公式戦で組み合う以上、勝利に拘った試合に期待したい。

その結果──所も伊藤も動き続け、相手の攻撃も受けるなかで一発の極めという最大の特徴が発揮される。勝負にこだわるグラップリング戦は自然と地味で重厚な戦いとなるが、彼らの場合は別、だ。僅か5分×1Rの無酸素運動マッチが展開されるだろう。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie