この星の格闘技を追いかける

【ADCC2017】最大激戦区88キロ級─03─、準決勝キーナン×ジョーンズ&シャンジ×ライアン

Keenan Cornelius【写真】正攻法でも強さを如何なく発揮し、クレイグ・ジョーンズの快進撃を止めたキーナン・コーネリアス (C)SATOSHI NARITA

9月23日(土・現地時間)と24日(日・同)の2日間、フィンランドのエスポーにあるエスポー・メトロ・アリーナでアブダビコンバットクラブ(ADCC)主催の世界サブミッション・レスリング選手権が行われた。

2年に1度のノーギグラップリングの世界最高峰の舞台で行われた戦い。今回はクレイグ・ジョーンズの活躍もあり、最大激戦区となった88キロ級の準決勝の模様をレポートしたい。


01<88キロ級準決勝/10分1R>
キーナン・コーネリアス(米国)
Def by 13-0
クレイグ・ジョーンズ(豪州)

02一回戦、準々決勝と続けて大番狂わせのレジェンド狩りを果たしたジョーンズは、この試合でもすぐにシッティングを取ると、下からアキレス腱固めを狙い。しかしキーナンは長いリーチを活かし、ジョーンズの首を取ってバランスを保つ。

03ジョーンズはうつ伏せになってアキレス腱を狙うが、キーナンは上から覆いかぶさってジョーンズの脇に腕を入れてフックを緩めると、足を抜いて横に回ってのパス狙いに。すかさずジョーンズもエビで距離を作ってみせた。その後も下から足を狙うジョーンズと、それを防いでパスを狙うキーナンによる攻防が続いた。

一回戦では足狙いでレアンドロ・ロにほとんど上から攻撃されなかったジョーンズだが、キーナンは足を抜いてあわやパス完遂という場面を作る。

04やがてキーナンは、ジョーンズのうつ伏せになっての足狙いを潰し、フックを入れてバックに。5分が経過して加点時間帯に入ると、キーナンは足を外してから入れ直すことで6点を稼いでみせた。

05その後体を捻って正対することに成功したジョーンズは、またしても足狙い。今度は足を複雑に絡めて内ヒールにいくが、キーナンはこれも動き続けて足を抜く。ジョーンズは再び仕切り直して足を取るも、キーナンはそれを防いでまたパスへ。嫌って立ち上がったジョーンズからテイクダウンを奪って加点すると、さらにバックも奪って大差で勝利を得た。

ワームガードが代名詞となり、積極性の対極にあると思われがちだったキーナンは、9月のアジア選手権でも見せたようなオールドスクールでも強さを発揮。ロやサンタナが打開できなかったジョーンズの足狙いを、キーナンはリーチも活かして完封してみせた見事な勝利だった。

06<88キロ級準決勝/10分1R・延長5分1R>
ゴードン・ライアン(米国)
Def. by レフェリー判定
シャンジ・ヒベイロ(ブラジル)

07試合開始早々、ライアンがアームドラッグを仕掛けると、バランスを崩したシャンジは無理せず下に。下から足を効かせるシャンジと、その足を制してパスを狙うライアンの攻防が続いていく。やがてディープハーフからの返しを狙ったシャンジに対し、ライアンは足を抜いてすかさず背中に飛びつくが、シャンジはそれを振りほどいて立ってみせる。こうして両者の上下が入れ替わったところで、試合は加点時間帯に入った。

低く座ってベースを作ったシャンジに対し、ライアンは後転して足を取りに行くが、シャンジはもう一方の足で蹴って脱出に成功する。その後もライアンはバタフライから煽り、またアームドラッッグや足狙い、そしてバック狙いを見せるがシャンジは鉄壁の防御でことごとく防ぐ。下から攻撃するライアンと、低いベースで守るシャンジという展開のなか、試合は延長に入った。

08スタンドに戻っての延長戦。引き込みはマイナスポイントになるとあって、両者は立ち技勝負となる。しばらく首を取っていなし合いの後、シャンジがシングルからライアンの右足を抱えるが、ライアンは難なく足を抜く。本戦で防御に回ったシャンジは、その後も積極的にシングルを狙うも、ライアンが防ぐなかで試合が終了した。

09レフェリー判定は、本戦で下から積極的に攻撃を繰り出したライアンに。その急激な肉体改造はトップゲームの圧力を増しただけではなく、下からの攻撃の威力のアップにも貢献したようだ。自らの肉体の変化にあっさり対応するこの若者の潜在能力の高さを示すとともに、「トップからもボトムからも、力がある方が有利」という、当然かつ残酷な事実を改めて見るものに突きつけるレジェンド越えだった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie