この星の格闘技を追いかける

【UFN117】セミでブラジル人対決に臨む、クラウジア・ガデーリャ「私は日本のMMAを見て育った」

Claudia Gadelha【写真】日本大会で試合をする為に自分から名乗りを挙げたというクラウジア・ガデーリャ(C)KAORI SUGAWARA

20日(水)、東京都新宿区のパークハイアット東京で23日(土)にさいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナで開催されるUFC Fight Night 117「Saint Preux vs Okami」のメディアデーが開かれた。

今大会に出場選手のなかで、もっともランクが上なのが女子ストロー級1位のクラジア・ガデーリャだ。ヨアナ・イェンジェチックをもっとも苦しめ、打撃&テイクダウン、そして寝技も穴がない真の強豪が、ジェシカ・アンドレジとの同朋対決への意気込みを語った。(※要約)


──日本の印象を教えて下さい。

「今は減量中なので楽しめていなけど、試合後も10日間は日本にいられるので観光して楽しみたいと思っているわ」

──日本でブラジル人同士の対戦です。

「日本で試合がしたいという夢が叶うので、喜びを噛み締めているの。凄く光栄ね。私は日本のMMAを見て育ったので、格闘技に人生を変えられた1人として日本で試合をしたいと思っていたから。9月に日本大会が決定したと聞いて、私から『日本で試合がしたい』と申し出たのよ。

そして、誰も私と試合をしたがらず、対戦相手が見つからない中で最終的に手を上げてくれたのがジェシカだった。ブラジル人対決というよりも小さい頃から憧れていた日本で試合をするということの方が大きいわ」

──アンドレジ戦に向けた対策は何かして来ましたか。

「ゲームプランはもちろんあるけど、それはシークレットで」

──タイトルへの再挑戦が掛かった一戦です。

「今はジェシカ戦に集中しているのでその後のことは考えていないわ」

──ではジェシカ選手についてはどのように分析していますか。

「凄くパワーもあるし運動能力に長けた選手。以前は上の階級でやっていたからストロー級にしては力もある。ただ、彼女は試合中によくミスもする。だからそのミスをついていこうと思っている」

──ジェシカ選手は10日前に来日後、日本のジムで以前ガデーリャ選手が勝利した浜崎朱加選手とも練習をしており、この試合に向けた対策をして来ることも考えられます。

「そうなの?  ただ、私がアヤカ・ハマザキに勝っているので、どんなアドバイスが出来るか分からないけどね。私もジェシカの数日後に来日したけど、ニューメキシコ州で高地トレーニングをしてきたから。できればギリギリまで高地にいて、日本に来たいと思っていたので、彼女よりも来日が少し遅くなった感じね」

前回のタイトル戦の直後、ニューメキシコ州のアルバカーキに引っ越しました。ヨアナ(・イェンジチック)との試合でスタミナの無さを自分でも痛感したから。もっと心肺機能を強化しなければいけないと思い、高地で心配機能を高めるトレーニングをやってきたの」

──MMAの為に生活の全てを変えたということですか。

「そうね。前回のヨアナ戦の後に自分を変えなければいけないと思い、米国に引っ越した。家族や友達が恋しくなる時もあるけど、今はトレーニングパートナーにも恵まれていて、充実した練習ができているし、新しい犬も飼って楽しい生活を送ることができているわ」

──ジャクソンズ&ウィンクルジョンMMAではどのようなトレーニングを?

「スパーリングも含めて、数多くの練習をしているわよ。ヘッドコーチはクリス・ルトロで、彼と一緒にやってきたわ」

──では日本のファンにどのような試合を見せたいですか。

「WARのようなファンが『ワァオ!!』となる試合を見せたい。日本での試合が実現して嬉しい。アリガトウゴザイマス!!」

■UFN117対戦カード

<ライトヘビー級/5分5R>
オヴァンス・サンプレー(米国)
岡見勇信(日本)

<女子ストロー級/5分3R>
クラウジア・ガデーニャ(ブラジル)
ジェシカ・アンドレジ(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
キム・ドンヒョン(韓国)
五味隆典(日本)

<ライトヘビー級/5分3R>
グーカン・サキ(オランダ)
エンヒッキ・フランケンシュタイン(ブラジル)

<フェザー級/5分3R>
石原夜叉坊(日本)
ロランド・ディ(フィリピン)

<フェザー級/5分3R>
廣田瑞人(日本)
チャールズ・ロサ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
中村K太郎(日本)
アレックス・モロノ(米国)

<フライ級/5分3R>
ジョズエ・フォルミーガ(ブラジル)
佐々木憂流迦(日本)

<女子ストロー級/5分3R>
近藤朱里(日本)
ジョン・チャンミ(韓国)

<ウェルター級/5分3R>
安西信昌(日本)
ルーク・ジュモー(ニュージーランド)

<ウェルター級/5分3R>
阿部大治(日本)
イム・ヒョンギュ(韓国)

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie