この星の格闘技を追いかける

【UFN115】試合結果 ヴォルコフがシュトルーフにTKO勝ち──そして北の帝国=ロシアの時代到来?!

UFN115【写真】アンソニー・ペティス以来の三角蹴りを見せたマゴメドシャリポフを始め、ロシア人ファイターがその強さをまざまざと見せつけたロッテルダム大会となった(C)Zuffa LLC/Getty Images

2日(土・現地時間)、UFC Fight Night115「Struve vs Vlokov」がオランダはロッテルダムのアホイ・ロッテルダムで行われ、メインでアレキサンダー・ヴォルコフが母国凱旋のステファン・シュトルーフを3RTKOで下した。

蹴りを封印したヴォルコフが、その中間距離での打撃戦の強さをパンチのみでシュトルーフを相手に見せつけ、2メートル超対決を制した。今大会はヴォルコフを含めプレリミに出場した──国籍はオーストリアのマイルベク・タイズモフ、ルスタン・ハビロフ、衝撃のデビューを飾ったザビット・マゴメドシャリポフ、アブドゥルカリム・エディロフと5人のロシアンファイターが勝利。うちヴォルコフ、タイズモフ、マゴメドシャリポフがボーナスを獲得。マゴメドシャリポフ同様にライトヘビー級で初出場となったエディロフもインパクト大な勝利を挙げるなど、いよいよ北のMMA帝国が世界最高峰の各階級で我が物顔で闊歩しそうだ。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=アレキサンダー・ヴォルコフ×ステファン・シュトルーフ
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=マイルベク・タイズモフザビット・マゴメドシャリポフ


UFC Fight Night115「Struve vs Vlokov」
<ヘビー級/5分5R>
○アレキサンダー・ヴォルコフ(ロシア)3R3分30秒
TKO
詳細はコチラ
×ステファン・シュトルーフ(オランダ)
<ウェルター級/5分3R>
○シアー・バハドゥルサダ(オランダ)2R3分10秒
TKO
詳細はコチラ
×ロブ・ウィルキンソン(豪州)
<女子バンタム級/5分3R>
○マリオン・ルノー(米国)3R4分54秒
TKO
詳細はコチラ
×タリタ・ジ・オリヴェイラ(ブラジル)
<ウェルター級/5分3R>
○レオン・エドワーズ(英国)3R
判定
詳細はコチラ
×ブライアン・バルベレナ(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○ダレン・ティル(英国)3R
判定
×ボヤン・ベリチコビッチ(セルビア)
<ライト級/5分3R>
○マイルベク・タイズモフ(オーストリア)1R1分24秒
KO
詳細はコチラ
×フィリッピ・ドラド(ブラジル)
<159ポンド契約/5分3R>
○ミシェウ・プラゼレス(ブラジル)3R1分26秒
ノースサウスチョーク
詳細はコチラ
×マッズ・バーネル(デンマーク)
<ライト級/5分3R>
○ルスタン・ハビロフ(ロシア)3R
判定
詳細はコチラ
×デス・グリーン(米国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○アレクサンダル・ラキッチ(オーストリア)3R
判定
詳細はコチラ
×フランシマール・バホーゾ(ブラジル)
<フェザー級/5分3R>
○ザビット・マゴメドシャリポフ(ロシア)2R4分22秒
RNC
詳細はコチラ
×マイク・サンチアゴ(米国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○アブドゥルカリム・エディロフ(ロシア)2R2分32秒
TKO
詳細はコチラ
×ボヤン・ミハイロビッチ(セルビア)
<ライト級/5分3R>
○チバウト・グーチ(フランス)1R4分28秒
TKO
詳細はコチラ
×アンドリュー・ホルブルック(米国)
PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie