この星の格闘技を追いかける

【Grachan30】4年2カ月振りの復帰戦で勝利、昇侍「リングの外でも格闘技界に貢献を」

Shoji【写真】4年の歳月を経て勝利を手にした昇侍は本当は格闘技をやりたかったと語った(C)KAORI SUGAWARA

13日(日)、東京都大田区の大田区産業プラザPIOでGRACHAN30で、昇侍がヨアキム・ハンセンの教え子ジェイカブ・グルゼゴーゼックをスタンド、グラウンドで終始圧倒し、判定3-0で勝利した。

復帰戦を勝ち星で飾った昇侍に実戦から離れていた4年間の思いと、今後について話を聞いた。


──4年10カ月振りの勝利です。

「内容はともかく、勝つというのは嬉しいですね。格闘家なら当たり前のことなのかもしれないですけど、4年間、試合に出ず、普通の生活をしていた中で、この勝負で勝つか負けるかの世界の中に身を置いて真剣勝負をするというのは普通の生活の中ではないので、試合をやれるということに達成感というか、また戻って来たなという気持ちがあって嬉しいですね。

格闘技を離れて普通の仕事をやっていた時、『自分はやっぱり心から格闘技が好きなんだな』って感じ。今はトイカツさんの『ファイトフィット』の池袋と渋谷の代表をやらせてもらい、経営の一端を担わせてもらっています。格闘技で食っていける、ちゃんと安定した会社、本当にちゃんとした成長企業の中で、本当にやりたかったことができています」

──格闘技に専念できる状況で、MMAを戦えていると。

「そうです。こういう現実を知らない格闘家の人達はいっぱいいると思うんです。アルバイトで生計を立てながらプロで頑張っているという人達が。そういう人達にも自分はこういう環境があるんだよというのを教えたいし、トイカツ道場もまだまだ大きくなるし、人さえいればどんどん、まだまだ店舗展開をして大きくなれるんで。

そうやって一般の人に格闘技を広めることが格闘技業界全体を底上げして、需要のある競技として行けるとも思っています。本当にリングの上でも、リングの外でも格闘技界に貢献している。今日も僕の会員さんで、格闘技を見たこともないような女の子達とかがいっぱい試合を応援に来てくれました。そういう人達に少しでも多く、格闘技を広めていければと──今は生き甲斐を感じています」

──では、試合を振り返ってもらえますか。ジェイカブ・グルゼゴーゼックは予想以上に手強かったです。

「凄く強かったです。想像以上に。パンチも重くて強かったですね。組んだ時の力も強くて、疲れました。マジで疲れました」

──試合勘が鈍ったように感じることはなかったですか。

「そういう感じはなかったです。ただ、ちょっと力みすぎて疲れたなというのがありました。右のパンチは伸びていたし、まぁまぁできましたね。寝技はもともと得意だったし。ただ、やはりKOで倒したかったです」

──今後については?

「ベルトを取りたいです」

──それはグラチャン・フェザー級のベルトということでしょうか。

「そこはチョットまだ分からないです。自分の指導を受けている人に、格好良い姿を見せたいです。会場で見ると、格闘技は格段に面白いので、ぜひ会場に見にきて下さい」

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie