この星の格闘技を追いかける

【DWTNCS07】ンゼチェクウが判定勝ちも、淡々ファイトに終わり契約を手にしたのはサンチェス&ロペス

<ライトヘビー級/5分3R>
ケネディ・ンゼチュクウ(米国)
Def.2-1:29-27.29-27.28-29
アントン・バージン(米国)

左ローを蹴ったバージンが右を当て、ンゼチュクウが姿勢を崩す。見るからにフィジカルに優れたンゼチュクウが、ジリジリと前に出てワンツーを繰り出す。バージンは左ローを継続的に入れ、パンチにつなげる。ンゼチュクウは右ジャブから左ストレートをヒットさせ、左ショートフックへ。ダブルレッグからバックに回ったバージンは、スクランブルのなかでダースチョークへ。立ち上がったンゼチュクウにヒザを入れ、再びダブルレッグでテイクダウンしたバージンは、スタンドに戻ると距離を取り直す。

直後に右ストレートでダウンを決めたバージンが追撃を入れて、ここもタイミングを計り直す。テンカオを最後に繰り出したンゼチュクウだが、バージンのラウンドとなった。

2R、右ボディストレート、左ロー、そしてオーバーハンドを繰り出すバージンに対し、ンゼチュクウは前蹴り、左フックを伸ばす。前に出るのはンゼチュクウで、バージンはケージを背負う場面が多い。そこから踏み込まないンゼチュクウ、その対戦相手をジッと見るバージン、両者とも組みはまるで見せない。

ジャブ&ストレートのタッチを続けたンゼチュクウは、バージンのテイクダウン狙いを切ってケージ際の緩衝地帯レンジを取り続けた。

最終回、目に出てパンチを振るうバージンはテイクダウンを狙っていくが、ンゼチュクウを倒しきれない。そして、その度に疲れを積み重ねて、ついには自ら座り込み、レフェリーに立たされる場面も。

それでもンゼチュクウはパンチの回転数を上げる。ラッシュすればKOできそうなほど、バージンは疲労困憊だが、ンゼチュクウは淡々とジャブ&ストレートを繰り返す。バージンがテイクダウンからガードを取った終盤も、パウンドアウトは狙わずスタンドをキープしたンゼチュクウがスプリット判定を手にした。

結果、DWTNCS第7週はジョビー・サンチェスとベニト・ロペスがUFCとの契約を手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie