この星の格闘技を追いかける

【Titan FC45】ローで削ったローズクラークが、カリーナ・ダムを下す

<女子バンタム級/5分3R>
ジェシー・ローズクラーク(豪州)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
カリーナ・ダム(ブラジル)

左ジャブを当てたローズクラーク、パンチのスピードはダムより速い。ダムは左ジャブを被弾して右フックを振るうも、ガードが下がる。ローズクラークは左ジャブを続け、右ローを蹴り込む。ダムは大きな振りの右を放つ。ローズクラークがジャブ、左ボディから右ローを入れる。ローに左フックを合わせ、右ストレートを当てたローズクラークは、ダムの前進にワンツーをヒットする。

左右のローで前足を削られたダムはパンチがさらに荒くなり、左ストレートを被弾する。右ストレートを終了間際にも受けたダム、受け続けたローがどのような影響を与えるのか。

2R、ローズクラークはダムのスピニングバックフィストをかわして、左ストレートを当てて右へつなげる。ローズクラークは左ジャブ、左フックでダムの前進を阻むも、カリーナは一気に組み付きバックを奪取。テイクダウンからバックマウンドをと狙うも、ローズクラークが立ち上がる。ダンは背中を取ったまま寝技に持ち込み、ワンフックから両足をフックさせる。

やや乗り過ぎだが頭をつけてバックマウントをキープするダムだが、この位置ではRNCを難しいか。このままの態勢でラウンドが終わり、ダムが取り返した。

最終回、ローズクラークは右ミドル。前のラウンドにはほとんど使わなかったローを蹴っていく。足を引きずるような素振りを見せるダムは、足を揃えて立つように。ローズクラークはテイクダウンがないからこそのスタンス。ローを蹴られたダムは、前進に左を合わされる。左ローで左足が持っていかれるダム。ローズクラークは右ミドル、左ローを入れる。さらに左ジャブを当てたローズクラークは、タイムアップと同時に勝利を確信したような笑みを浮かべた。

まさかのスプリット判定勝ちとなったローズクラークは、2週間前のオファーを受けた試合の勝利に「泣きそう(笑)。私はどの試合でも受ける」と勝利を振り返った。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY