この星の格闘技を追いかける

【Grachan30】グラチャン初陣、長岡弘樹が阿部右京に競り勝つ

Nagaoka vs Abe【写真】阪本洋平の後を受けるグラチャン・ライト級戦線で長岡が浮上した(C)KAORI SUGAWARA

13日(日)、東京都大田区の大田区産業プラザPIOでGRACHAN30×One more chance『1MC vol.4』が開催された。4年2ヶ月振りに試合への出場となった昇侍はヨアキム・ハンセンの教え子ジェイカブ・グルゼゴーゼックと対戦、初のGRACHAN参戦となった長岡弘樹は阿部右京と、メインでは中村謙作が韓国人ファイターと対戦した同大会。

元バンタム級王者の手塚基伸がWARDOGの刺客・同バンタム級チャンピオンのジョン・ダウンに一本勝利をした――ホーム初開催となったイベントの上位3カードの試合レポート第1回はライト級長岡×阿部の一戦からお届けしたい。


<ライト級/5分2R> 
長岡弘樹(日本)
Def.3-0
阿部右京(日本)

01パンクラスから負傷明けでグラチャンのケージを選択した長岡、対する阿部とともに細かくステップを踏みながら中央で間合いを測る。ここから阿部が右ハイで牽制するが、長岡が徐々に圧力を掛け、ケージへと距離を詰めていく。阿部が組み付き、長岡をケージに押し込み右腕を差してリフト、テイクダウンを試みる。しかし、トップは長岡が取り細かいパンチを当てていく。

阿部はケージを背に立ち上がり、体を入れ替えるとダブルレッグで尻餅を付かせる。スクランブルからバックを制した首を抑えながらチョークを仕掛けていく。長岡は阿部を前方に落としてヒジを落としたところで1Rが終了した。

022Rの開始直後に長岡が左ハイを出し、続けてワンツーで距離を詰める。阿部もワンツーと返す。じりじりと距離を詰めた長岡が阿部をケージまで追い詰めて組み付き、ヒジやパンチを入れていく。長岡はここでもトップを奪い、グライディング。スクランブルからテイクダウダウンを仕掛ける阿部をがぶった長岡がバックにつくことに成功をする。

03バックコントロールでグラウンドに持ちこんだ長岡が、リズミカルに拳を落とす。その後も長岡はトップをキープしたまま、ヒジ、ヒザ、肩を使い攻勢を維持する。阿部は残り時間30秒でスクランブルを仕掛けたものの長岡が抑え込み、タイムアップを迎え3-0の判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie