この星の格闘技を追いかける

【Gladiator004】Flash 南出が重厚な試合でTKO勝ち。加マーク納&角田成健が王者に!!

Gladiator004【写真】ねちっこい激闘が多かった今大会。打高組低ではないMMAが見られるのもGladiatorの特徴だ (C)MMAPLANET

13日(日)に和歌山市の和歌山ビッグウェーブでGladiator004が開催された。新体制となって3度目の和歌大会は2階級の王座決定戦が組まれ、メインでは地元の南出剛が土肥”聖帝“淳と対戦した。


初のバンタム級戦に挑んだ南出はパンチ主体のファイトながら、初回に土肥のバックマウントに捕まり厳しい展開に。それでもRNCを防ぎ切ると、2Rには右ストレートからラッシュを掛けタフな土肥からTKO勝ちを手にした。

その南出剛が返上したフライ級のベルトは加マーク納の腰に巻かれた。初回に腹固めの要領でスタンドながらバックを制するなどリードした加マーク納は、NavEのバックコントロールに苦しんだが、それ以上の攻撃を食い止め判定勝ちとなった。

Let's寒川慶一の返上したバンタム級王者は渡部修斗のバックチョークを防いだ角田成健が、2Rと3Rともに渡部にテイクダウンを許さず、切りながら打撃を入れる展開で競り勝った。レッツ豪太は韓国のイ・ヒョンソクを相手に打撃でリード。

イが引き込みを見せるなど、終始トップから攻めたレッツが復活の狼煙を上げる判定勝ちを手にした。

Miyagi暫定ライトフライ級チャンピオン宮城友一はふじい☆ペリーをRNCで下し、今大会で挑戦予定だったが負傷欠場となった正規王者・吉村友菊との王座統一戦をアピールした。

また大道翔貴が体重オーバーとなり契約体重で対戦した岩田啓輔は右のパンチを効かしてTKO勝ちを決め、「大道さんは体調が悪かった。次はグラジエイター(武士道)フェザー級王座を賭けて大道さんと再戦させてください」とアピールした。

※今大会の詳細は近日掲載予定です。

■Gladiator004試合結果

<バンタム級/5分2R>
南出剛(日本)
Def.2R0分26秒by TKO
土肥“聖帝”潤(日本)

<GLADIATORフライ級王座決定戦/5分3R>
加マーク納(日本)
Def.3-0
NavE(日本)

<GLADIATORバンタム級王座決定戦/5分3R>
角田成健(日本)
Def.3-0
渡部修斗(日本)

<ウェルター級日韓対抗戦/5分2R>
レッツ豪太(日本)
Def.3-0
イ・ヒョンソク(韓国)

<ライトフライ級(※54.4キロ)/5分2R>
宮城友一(日本)
Def.2R3分30秒by RNC
ふじい☆ペリー(日本)

<68.1キロ契約/5分×2R>
岩田啓輔(日本)
Def.1R2分27秒by TKO
大道翔貴(日本)

<バンタム級日韓対抗戦/5分2R>
竹本啓哉(日本)
Def.2R4分09秒by横三角
ファン・ソンジュ(韓国)

<バンタム級/5分2R>
平田丈二(日本)
Def.3-0
林優作(日本)

<バンタム級/5分2R>
國頭武(日本)
Def.2R1分06秒by RNC
辻川力也(日本)

<ウェルター級/5分2R>
鈴木道場長(日本)
Def.3-0
別府敬祐(日本)

<バンタム級/5分2R>
チャッピー盛坪(日本)
Def.2-1
北崎拓実(日本)

<ストロー級/5分2R>
尾崎龍紀(日本)
Def.2-0
木村旬志(日本)

<バンタム級/5分2R>
瀧口脩生(日本)
Def.2R4分44秒by ギロチンチョーク
井口翔太(日本)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie