この星の格闘技を追いかける

【UFN117】ジョン・チャンミとUFCデビュー戦、朱里「UFCで世界王者になるスタートライン」

Syuri【写真】非常に聞き取りやすい声で、質問をしっかりとかみ砕いて返答してくれる朱里 (C)MMAPLANET

7日(月)、東京都港区のカルペディエム三田で9月23日(土)にさいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナで開催されるUFC Fight Night117「Shogun vs St.Preux 2」に出場する阿部大治、朱里の両者、そして同大会のためにPR来日を果たしたUFC世界フェザー級王者マックス・ホロウェイ、さらにUFC殿堂入りを果たした桜庭和志の出席の下プロモーション・イベントが行われた。

ここではジョン・チャンミと対戦が決まっている朱里との一問一答の模様をお届けしたい。


──UFCファイターになったという実感はありますか。

「ハイ。UFCに出場することが発表されて、自分のSNSでも公表すると応援してくれている方とか、反応も大きいですし。凄く嬉しいです」

──日本ではRIZINが女子の試合をプッシュし、地上波で中継もしていますが。

「見たりはしますが、UFCが世界最高峰だと思っているので。そこでチャンピオンになりたい。この気持ちをずっと持ってきました」

──MMAデビューから1年半でUFCデビューというのは、想像できていましたか。

「勝ち続ければ、このぐらいでデビューできるという意見も聞いていたのですが、UFCがどれだけ日本人ファイターを欲しがるのかという不確定要素もありましたし、色んな背景があるのでどうなるのかは分からないという心境でした。

だから契約できたときは本当に嬉しかったです。これでUFCのチャンピオンになるためのスタートラインに立てるので」

──ではデビューから1年4カ月、思い通りのMMAを戦えていますか。

「う~ん、キックボクシングのチャンピオンだったので打撃で倒したいというのはあります。でも、MMAは全局面なので全てに注意を払って戦うのは難しいと感じることもあります。いくら打撃が強くても、組みがありますからね」

──これまで勝ち続けて来られた要因として、テイクダウンを許さないという点が挙げられるかと思います。

「下にはなっていないですね。レスリング、組みは強いって言われます(笑)」

──組み技は特別に練習をしていますか。

「ボスジムでも指導してもらっていますし、あとは光岡(映二)さんのグッドスキルにお邪魔して、門脇(英基)先生にマンツーマンで組み技を教わっています。本当に丁寧に指導してくださいます」

──なら倒れないばかりか、下になったり、自ら上になって攻めるという面でもしっかりとトレーニングを積んでいるのですね。

「寝技になった場合で怖さがないというと嘘になります。ただし、キックのチャンピオンになっていても打撃に怖さは残っています。特にMMAグローブは小さいですから。性格的に危ない場面を作らないファイトスタイル、相手の良さを出させないのが自分の戦い方なので、それが結果に結びついてきたのではないかと。

そのうえで打撃もレスリングも寝技もしっかりと自信を持っています。そして、打撃で戦いたい。そこで組まれても、寝技になっても大丈夫だという自信が重要になってくるので、門脇先生にコツコツとしっかりポジション取りを指導してもらっています。

ボスジムでも田島(剛、洋)先生がMMAの映像を見て研究してくださっていますし、チームでMMAを戦っているという感じです」

──9月23日、UFCデビュー戦の相手ジョン・チャンミは過去の対戦相手にないキレーで正確な打撃の使い手という印象があります。

「身長も自分より高いですし、最初は打撃に注意して戦わないといけないです。パンチも伸びますし、組んだ時にどれぐらいの力があるのかも初回で見極めたいですね」

──その相手の攻撃を見極める姿勢も、朱里選手の負けない要因だと感じます。

「落ち着いて、相手の攻撃を見て戦っています」

──記者会見などの催し物の方が、テンパっていますよね(笑)。

「アハァー(笑)。どういうことですか(笑)」

──試合の時はあれだけ平常心でいるのに、会見場では大きな声を挙げたりしているじゃないですか(笑)

「そうなんです。普段から『アァー』とか『ハァー』とか大きな声を出しちゃって(笑)。でも、試合になると逆に落ちつくことができるんです」

──素晴らしいです。ところで、次の試合は大会スタートが午前8時時半、恐らくは朱里選手がかつて経験したことのないような時間で会場入りし、試合を戦うことになると思われます。

「そこは気になっています。ちゃんとしないといけないですよね。朝、ジョギングをしたりしても体が思うように動かない感覚があるので。夜の方が慣れているという部分をアジャストしていかないといけないです。そういう部分もチームで話し合って、当日を迎えたいと思います」

──では待望のUFC初陣、しっかりとした打撃MMA、期待しています。

「UFCという大舞台ですけど、しっかりと着実に勝ちたいです。もちろん、試合を終わらせたいという意識は持ち続けて」

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie