この星の格闘技を追いかける

【DWTNCS05】シモンがフリローを圧倒し続け、なぜかスプリット判定勝ち──も、、、、

<バンタム級/5分3R>
リッキー・シモン(米国)
Def.2-1
ドノヴァン・フリロー(米国)

フリローがヒザ蹴りからフックの連打でラッシュを掛ける。左ボディフックを受けたシモンがテイクダウンする。すぐに立ち上がったフリローが体を入れ替えると左右のフック、このタイミングでシモンが離れる。ダブルレッグを決めたシモンに対し、フリローはケージを背に立ち上がるが、すぐに尻餅をつかされる。尻の後でクラッチして大きくスラムしたシモンのテイクダウン攻勢が続く。

フリローは倒されると立ち上がるという展開を3分間に渡り繰り返し、攻めるシモンが疲弊してきたか。フリローが左ミドルから飛びヒザ、左ハイを放っていく。シモンが左を当ててダブルレッグ。フリローが立ち上がったところで初回が終わった。

2R、フリローの右アッパーに豪快なダブルレッグを決めたシモンは、そのままコントロールをすることなくフリローを立たせる。ワンツーで前に出るフリロー、シモンは左目尻をカットしている。ダブルを決めたシモンは、スクランブルのなかでスピニングエルボーを繰り出す。ケージにフリローを押し込んで、もう一度バックエルボーを放ったシモン。直後にフリローが足を払うようにテイクダウン。

すぐに立ち上がったシモンは、シングル&肩口を押し込んで逆にテイクダウンへ。試合がスタンドに戻ると、シングルからバックに回ったシモンがヒザ蹴りを入れる。離れたフリローのパンチは流れ、ここもシモンのラウンドとなった。

最終回、力が入ったスラッピーな打撃戦のなかで両者の左ジャブが交錯し、シモンは組んで後方へ投げて強引にRNCへ。フリローが胸を合わせに行くと、即スタンドに戻ったシモンが右を当てる。フリローが左アッパーを返し、離れたシモンが右のカウンターを当てる。アッパーで前に出たフリローに対し、シモンは距離を取る。シモンは右エルボーを打ち込むと、フリローは右アッパー。拳の届く距離の打ち合いは、シモンが攻勢だ。

エルボーからワンツー、ダブルレッグを決めたシモンは、ここで足を畳んで抑えにかかる。フリローは立ち上がるが、バックを制したシモンは胸を合わせて頭を落とすと、ダブルレッグを決める。残り1分、立たせてダブルを狙うシモンに対し、フリローは背中を預けて立ち上がる。向き合ってスラムを決めたシモンは盤石の試合展開へ。最後はマウント狙いからバックマウント、RNCを仕掛けつつパンチを連打した。

最初の10分はテイクダウンゲームに徹し、最終回には打撃でも攻勢に出た勝者シモンをUFC首脳はどのように評価するか。この試合でスプリットになってしまう時点で暗雲が立ち込めているか。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie