この星の格闘技を追いかける

【Gladiator004】土肥潤とバンタム級で対戦、南出剛―02―「格好良くKOで勝ちたいです」

Go Minamide【写真】昨年6月の新生Gladiator旗揚げ戦以来の地元・和歌山での試合となる南出 (C)GLADIATOR

13日(日)に和歌山市の和歌山ビッグウェーブで開催されるGladiator004のメインで土肥潤と対戦する南出剛インタビュー後編。

仕切り直し、そしてバンタム級初戦を迎える南出の心境と、その自信について尋ねた。
<南出剛インタビューPart.01はコチラから>


──MMAなのだから寝技になっても負けないと。

「今の僕の力では極めることはできないでしょうけど、こっちが殴って、極めさせない戦いはできます。何ていうのか……フィジカルには自信があるので。全然、練習中でもバンタム級の選手とスパーリングをして体力負けはしていないですし。だから、土肥選手が引き込んでくることに対しても、それほど意識することはないです」

──では打撃でやり合うのではなく、組みたいがために打撃を振るってくる選手に対しては、どのような打撃で崩していこうと思っていますか。

「試合の映像も見ると、下がってしまうと土肥選手のペースになると思います。あそこまで正面からパンチを振って来るんだから、こっちも打って、蹴っていけば良い。それをしないで、様子を見過ぎて前進を許すと土肥選手は戦いやすくなるはずです。

攻めてきてくれる分、自分の攻撃も絶対に当たります。自分の攻撃が当たるなら、倒す自信もあります。だから、待ちの姿勢ではなくて攻撃型でいこうかと考えています」

──初めてのバンタム級で、通常体重は変っていない。つまり体重を落とす幅が少なくなったことで、試合直前に勝ってきてからの練習中の体の動きなどに違いは感じられますか。

「追い込み中でもフライ級の時は、もう体重のことを気にしていたのが、全く気にせずに練習できたので動きが良くて、絶好調です。

土肥選手もリカバリーをしてくるでしょうけど、僕は67キロぐらいでも、73キロぐらいの選手にも組み負けないんです。力負けもないですし、その点には自信があります」

──ではこのままバンタム級で戦う可能性は高そうですね。ここをステップとできれば、今後はどのようなキャリアアップを描いていますか。

「やはり日本では修斗、DEEP、パンクラスで戦っている強い選手に勝ってベルトを巻きたいです。ただ、強い選手と戦うことができるなら、どこでも試合をしたいと思っています。今はとにかく次の試合に今は集中しないといけないです」

──地元・和歌山でどのような試合がしたいですか。

「10カ月振りの試合なので、『やっぱり剛は強かった』と見ている人達に思ってもらえるような試合で勝てれば……KOしたいですね。

レッツ豪太選手が出て、タイトルマッチが2試合あるなかで、メインで戦うのが自分で良いのかという気持ちもありました。それでも決まった以上は地元での試合ですし、格好良くKOで勝ちたいです」

■Gladiator004

<バンタム級/5分2R>
南出剛(日本)
土肥“聖帝”潤(日本)

<GLADIATORフライ級王座決定戦/5分3R>
加マーク納(日本)
NavE(日本)

<GLADIATORバンタム級王座決定戦/5分3R>
渡部修斗(日本)
角田成建(日本)

<ウェルター級日韓対抗戦/5分2R>
レッツ豪太(日本)
イ・ヒョンソク(韓国)

<ライトフライ級(※54.4キロ)/5分2R>
宮城友一(日本)
ふじい☆ペリー(日本)

<フェザー級/5分×2R>
大道翔貴(日本)
岩田啓輔(日本)

<バンタム級日韓対抗戦/5分2R>
竹本啓哉(日本)
ファン・ソンジュ(韓国)

<バンタム級/5分2R>
平田丈二(日本)
林優作(日本)

<バンタム級/5分2R>
辻川力也(日本)
國頭武(日本)

<ウェルター級/5分2R>
別府敬祐(日本)
鈴木智也(日本)

<バンタム級/5分2R>
北崎拓実(日本)
チャッピー盛坪(日本)

<ストロー級/5分2R>
尾崎龍紀(日本)
木村旬志(日本)

<バンタム級/5分2R>
瀧口脩生(日本)
井口翔太(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie