この星の格闘技を追いかける

【UFN114】ペティス、初回を落とすも2R以降は試合を支配してモレノに勝利

<フライ級/5分5R>
セルジオ・ペティス(米国)
Def.3-0:49-46.48-46.48-46
ブランドン・モレノ(メキシコ)

開始早々、モレノがペティスの蹴り足をキャッチしてテイクダウンを奪う。ペティスが足を効かせてガードから展開を作ろうとするも、モレノはペティスの足を持って後転させるようにしてバックへ。足を4の字クラッチで深く組み、リアネイキッドチョークを狙いながらポジションをキープする。

残り30秒、モレノはRNCから両手をクラッチしてのチョークに切り替えるが、ペティすはこれにもしっかりと対処する。1Rはラウンドのほとんどをモレノがバックキープする形で終わった。

2R、両手を下げて変則的な構えとステップを見せるモレノ。そこからいきなり右フックを振って飛び込んでいく。ペティスはジャブと右ロー、モレノの蹴り足をキャッチしてテイクダウンするもスタンドでの攻防を要求する。

じわじわとプレッシャーをかけてノーステップの左(前足)ハイを蹴るペティス。これをすくわれてテイクダウンを許すも、ここから巧みなガードワークを披露する。モレノの左手首をコントロールし、背中越しに自分の左足を回してモレノの左腕にフック。いわゆる糸通しから三角絞め→オモプラッタを仕掛け、バックを伺いなら立ち上がる。試合がスタンドに戻るとペティスはジャブと右ロー、左ミドル。モレノもそこに左フックで飛び込んでいく。

3R、ペティスがジャブを突いてじわじわと前に出る。モレノもトリッキーな動きを見せるが、ペティスは動じず。再びノーステップで左(前足)ハイキックを当てると、すぐさま追撃の右ストレートを打ち落ろす。

ここからペティスはジャブと右ローで削り、モレノの動きに合わせて右ストレートを打ち込む。モレノも大きく踏み込んでの左フックや左ミドル、左ボディから右フックへつなげるが、ペティスはしっかり見切って右を打ち込む。

4R、ペティスはサウスポーにスイッチしながら前手のジャブを突いて、モレノを追いかける。ここでペティスが伸ばした前手がアイポークとなり、モレノにインターバルが与えられる。

再開後、ペティスがジャブを突いて左ハイキック、スイッチしてのサイドキックやインロー、さらにジャブをフェイントにしての飛びヒザ蹴りも狙う。モレノは左のロングフック、右ストレート、左ボディ・左フックを見せるが、ペティスを捉えきれない。

終盤、ペティスは顔面への後ろ蹴りやマットに手をついてのハイキック(カポエイラキック)など大技を繰り出した。

5R、両手を大きく広げてジャブを突くペティス。モレノがダブルレッグでテイクダウンを仕掛けるとフロントチョークを狙う。ガードポジションになったペティスはモレノの頭を引きつけてハイガードの形を作り、モレノが立ち上がるとすかさずカカトで顔面蹴りを狙う。

モレノはペティスのガードからの攻撃を捌きつつ、距離を作ってパンチを落とす。半身になって立ち上がろうとするペティスのバックを狙って足をフックしようとするが、ペティスがそれを阻止してモレノを前方に落とす。

残り1分、ペティスはジャブと左ミドル、蹴り足キャッチからの右ストレート、バックスピンキック。最後まで攻め続けたペティスは試合終了のブザーが鳴るとバク宙からの腕立て伏せパフォーマンスで余裕をアピールする。

初回こそモレノのバックキープでポイントを失ったペティスだったが、2R以降は試合を支配して勝利を収めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie