この星の格闘技を追いかける

【UFN114】アルヴィーがエヴァンスにクリーンテイクダウンを許さずに勝利をもぎとる

<ミドル級/5分3R>
サム・アルヴィー(米国)
Def.2-1:29-28.28-29.29-28
ラシャド・エヴァンス(米国)

サウスポーのアルヴィーに対し、エヴァンスは細かく手を上下させてインローを蹴る。パンチのフェイントからダブルレッグに入ると、アルヴィーは脇を差し返してヒザ蹴りを突き上げる。再び足に組みつくエヴァンスだが、ケージを背にするアルヴィーを倒しきれない。逆にアルヴィーは首相撲でエヴァンスの頭をコントロールしてヒザ蹴りを突き刺す。

それでもエヴァンスはタイミングよくダブルレッグに入って、アルヴィーの両足を畳むようにテイクダウンする。足を抜いて立ち上がるアルヴィーのバックをうかがうも上体が離れてしまい、アルヴィーに正対される。ここでもアルヴィーは首相撲でエヴァンスの首を巧みにコントロールして態勢を入れ替えて距離を取った。

スタンドの展開に戻ると右ストレートを伸場して前に出るエヴァンス。アルヴィーも左ストレートや右アッパーで飛び込むがクリーンヒットはない。エヴァンスがダブルレッグで飛び込んだところでラウンド終了となった。

2R、アルヴィーがじりじりと前に出て、エヴァンスが距離を取りながら右インローと右ミドルを返す。アルヴィーはエヴァンスにケージを背負わせて右アッパーや左ストレートを伸ばす。アルヴィーが前に出て、エヴァンスが距離を取るというコンタクトの少ない時間が続き、場内からは大きなブーイングも起こる。

残り2分、エヴァンスがダブルレッグでテイクダウンを奪い、背中を見せて立ち上がろうとするアルヴィーのバックへ。アルヴィーもポジションキープは許さず立ち上がり、1Rと同じようにケージを背にした首相撲のテクニックでエヴァンスのテイクダウンを切り続ける。

残り30秒、スタンドの攻防に戻るとアルヴィーが前に出てエヴァンスが下がりながら組みつこうとする展開で終わった。

3R、アルヴィーが左ストレートを伸ばし、エヴァンスはインローを蹴る。サウスポーにスイッチしたエヴァンスが左フックを打ち込むが当たらない。アルヴィーがワンツーに出てくるところに組みつくエヴァンスだがテイクダウンは奪えない。

エヴァンスにテイクダウンこそ許さないアルヴィーも手数が少なく有効打はない。残り2分を切り、右アッパーや左ストレートを打ち込むアルヴィー。エヴァンスも右フックを合わせて譲らず、アルヴィーに組みついてケージに押し込む。なんとか距離を取ったアルヴィーはパンチを振り回すが、これも空を切る。

エヴァンスにクリーンテイクダウンを許さず、細かく打撃を当てていたアルヴィーがスプリットディシジョンをものにした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie