この星の格闘技を追いかける

【FuryFC5】“彼女も祝福”ブラジル最強のミドル級決定


【写真】勝利した瞬間、ガールフレンドがリングに上がり大の字になっているトキーニョに熱い抱擁 (C) MMAPLANET

6日(木・現地時間)、サンパウロのジナーシオ・パウロ・ピンヘイロで行われたフューリーFC5。今年の5月にシード権を持つ4選手と戦う権利を得るための予選大会、8月に準々決勝4試合が行われた83kg級GPの決勝トーナメントが、この日、ダニエル・アカーシオ、アンドレ・ミキート、ファブリシオ・ネガォン・ナシメント、ホウジマール・パリャレス・トキーニョの4名で争われた。

まず、第2試合でアカーシオとミキートが対戦。戦前の予想では、アカーシオの圧勝と見られていたが、ミキートがアカーシオのテイクダウン狙いを阻止し、ラウンドに終盤には、頭部を固定されアッパーを連打で受けたミキートだったが、予想以上の健闘を見せる。しかし、2Rに入るとそのミキートがガス欠で一気に動きが落ちる。組み付かれると、自らロープの間に落ち込みブレイク狙い。


敵陣コーナーでの打ち合いで、打ち負けるとテイクダウンを奪われ、その後はパウンド、パスと畳み込まれる。なんとか、一度は立ち上がることに成功したミキートだったが、スタンドでバックを奪われ、豪快に投げ捨てられると万事休す。ストップドントムーブの要請に従うことができず、2R3分40秒TKO負けとなった。

準決勝第一試合が、ミキートの予想外の健闘が見られた一方で、第二試合でもある意味、予想外の試合展開になった。ロータス柔術に所属し、現在では米国のノーリミッツ/チーム・オーヤマにも所属しているネガォンが、全く良いところなくトキーニョに敗れた。

豪快に抱え上げられ、スラム気味にテイクダウンを奪われると、腕十字の仕掛けも察知され、スタンドでバックを許してしまう。ここでトキーニョは、自ら座り込むように後方へ倒れこみ、ネガォンの左足をキャッチ。定石通り、体を捻って逃げようとしたネガォンだったが、トキーニョの極め力はそれを許さず、グラウンドに引きずり込まれたところでタップアウト。2分45秒、トキーニョの圧勝劇だった。

4試合分のインターバルを経て、再びリングに上がったアカーシオとトキーニョ。この試合も接戦になると思われていたが、結果的にはトキーニョの強さばかりが目立った一戦となった。

テイクダウンの強さでは定評のあったアカーシオでさえ、組みあいでは勝てないと見て、ミドルレンジからの打撃を狙う。最初のテイクダウンの試みこそ、すぐに立ち上がって防いでみせたアカーシオだったが、反撃の糸口をつかめないまま、2度目のテイクダウンを許してしまう。やむなくクローズド・ガードを取ったアカーシオ、対してトキーニョはインサイドガードから何の躊躇もなく後方へ倒れこみ、左足をキャッチしてヒールホールドへ。実力者アカーシオが、何もできないまま一本で敗れ、トキーニョがブラジル最強のミドル級ファイターの座を射止めた。

ブラジル最強、次は世界――、といいたいところだが、現在のミドル級の頂点といえるUFCとWECのミドル級は、同じブラジリアンのアンデウソン・シウバとパウロ・フィリョがベルトを巻く。そんな状況もあってか、「お金がもらえるからって、友人たちと戦いたくない。ずっと夢だった日本で戦いたい」とトキーニョは今後の抱負を語る。と、ブスタマンチも「フューリーFCはプロ・エリートと関係があるから、EXC、米国という選択もあるけど、HERO‘Sか、そうセンゴク(戦極)で戦わせたい」とコメントを残した。

ブラジル最強のミドル級戦士は果たして、太平洋横断、大西洋縦断、どちらの未来を選択するのだろうか――。

なお、時間フューリーFCの開催は、現時点で未定。ヴィトー・コスタによると、「プロ・エリートとの話し合い次第」とのこと。今大会が熱戦続きの8試合だっただけに、ぜひとも早期開催を望みたいところだ。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie