この星の格闘技を追いかける

【Deep Cage】住村と王座決定戦──長谷川賢─02─「一番強い相手だけど、自分の方が全部上」

Ken Hasegawa【写真】山田崇太郎とのスパーリング。様々なタイプ、そして同階級のファイターとのスパーリングを長谷川は繰り返している (C)MMAPLANET

15日(土)に東京都文京区・後楽園ホールで開催されるDEEP CAGE IMPACT 2017で住村竜市朗とDEEPウェルター級のベルトを賭けた戦う長谷川賢インタビュー後編。

勝てば──UFCということが周囲にも明らかになった一戦、異例といえば異例の状況のなかで最後の調整に臨んでいた長谷川──普段と試合の狭間にいる彼の心境とは。

<長谷川賢インタビューPart.01はコチラから>


──長谷川選手はソフトな性格なのに、モノゴトに動じない風があります。今回は試合前にマネージメントサイドから『勝てばUFC』という発表がSNSでありました。これは日本のMMA界では本当に異例なことで、斬新でした。ただ、誰も経験していないことで、長谷川選手とはいえ日本初の出来事に精神的に影響はないかとも思った次第です。

「いや、実は結構ドキドキしていました(笑)。次のことを考えて試合をするのって、初めてだし。目の前の餌だけを目標にしていたのが、そうでなくなった。しかも、周囲だけでなく誰もが知ることとなったのは驚きましたね。

ただ、試合をする自分と普段の自分は別なので。日常生活の自分はあの事態には正直、動揺していました。だからこと言ってケージに入る時は、人間が違っているので。今後とか、そういうものがメンタル的に影響することはないです」

──いや、やっぱり図太いですよ。心が強い。

「逆にいえば、動揺していたってことですから。僕も公言することは知らされていなかった(笑)。正直、想定外だったので練習を終わりでツイッターを見て、驚きました。でも、マネージャーが公言して良いと判断したんだから、気にすることないだろうって。

次の試合はシンプルに僕と住村のどっちが強いか。その後のことは関係ない。ベルトも関係ない。目の前にいる住村のことだけ考えています」

──その住村選手、どこを一番警戒すべき相手でしょうか。

「体格もあるし、吹っ切っている感があるので。昔は待ちのイメージだったけど、最近は前に出てきますよね。悠太選手にも勝っているけど、全局面で僕の方が強い。打撃も寝技もレスリングも。決して舐めているわけじゃないです。それだけのことは普段からやっています。

今まで一番強い相手だと思って警戒はしているけど、自分の方が全部上だと思っています」

──どのような試合をファンに見せたいですか。

「ここ2試合を考えると、長谷川賢を出したいです。そこが一番ですね。全く出せていなかったので。先っぽしか見せられなかった。体調が悪くて、良く戦ったとか思われたくないですし。

住村のことは舐めていないし、しっかりと戦わないといけない試合ですけど、彼に勝って周囲にホッとされる。そんな選手でいようとは思わない。」

──ウェルター級の長谷川賢がどこまでファイターなのか、その器の大きさを見せることができる試合、期待しています。

「そうですね、全くフィーチャーされなかったRIZINのブレナン・ワード戦。悔しかったけど、持てる力をフルに使っていました。あの時以上に全力で戦い、今度は結果を伴うモノにします」

■Deep Cage Impact対戦カード

<DEEPウェルター級王座決定戦/5分3R>
長谷川賢(日本)
住村竜市朗(日本)

<DEEPフェザー級王座決定戦/5分3R>
上迫博仁(日本)
石司晃一(日本)

<DEEPメガトン級選手権試合/5分3R>
[王者]シング・心・ジャディブ(インド)
[挑戦者]ロッキー・マルチネス(グアム)

<ライト級/5分2R>
江藤公洋(日本)
ジョン・ソクチャン(韓国)

<女子47キロ/5分2R>
しなしさとこ(日本)
太田千秋(日本)

<バンタム級/5分2R>
高野優樹(日本)
窪田泰斗(日本)

<フライ級/5分2R>
石橋幸太(日本)
聡-S DATE(日本)

<ストロー級/5分2R>
村元友太郎(日本)
川原波輝(日本)

<オープニングファイト バンタム級/5分2R>
小川顕広(日本)
白川“Dark”陸斗(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie